ライター
前田 哲都 夫婦でハネムーン世界一周

夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに教師、建築士の仕事をいったん退職し、ハネムーン世界一周をふたりでスタートさせる。好奇心旺盛の目立ちたがり屋!でも、根はすごく真面目のてつと。のほほ~んとしていてバックパッカーにはならない風貌のちぃ。それでもふたりで世界一周にいきます!

アイスランドの魅力 その1 ~絶景~

それでは、ここからは私たちがアイスランドを旅して出会った絶景について。国道1号線と呼ばれるアイスランドを1周できる道路を通って移動をしていたのですが、アイスランドは本当に国土全てが絶景です。

お気に入りの場所が見つかれば車を停めてゆっくりと鑑賞。というだけでも満足できるものですが、その中でもこれはすごいな!と感じたのが「ヨークルスアゥルロゥン氷河湖」です。


この氷河湖は、アイスランド南東部にある「ヴァトナヨークルト氷河」から分かれた「ブレイザメルクルヨークルト氷河」の先端にあり、氷河が大西洋に向かって崩れ落ちる場所にあります。その景色はまさに圧巻!


氷の大きさもさることながら、周りの景色に溶け込む氷河湖は時間を忘れて見いってしまう程。是非訪れて欲しいポイントです。

 

アイスランドの魅力 その2  ~朝日と夕日~


世界一周をしていると、色々な場所で夕日や朝日の名所がありますが、アイスランドはまた一味違います。島国であるアイスランドで見ることのできる朝日や夕日は遠く広がる水平線から昇り、沈んでいきます。地平線でみる朝日や夕日とはまた違った良さを楽しむことができます。


朝の澄んだ空気の中で、水面から広がる靄に差し込む朝日は絶景!


遠くどこまでも続く水平線に沈んでいく夕日の美しさは、いつみても見惚れてしまいます。

 

アイスランドの魅力 その3 ~オーロラ~


アイスランドはオーロラがよく発生するといわれているオーロラベルトの直下に位置している国で、季節と天候などの条件が整えば高確率でオーロラが見られる世界有数のオーロラ鑑賞スポットです。

今回の私の旅は幸運にも天気に恵まれ、7日間のうち5日間もオーロラを見ることができました。その中でも、アイスランド北部の海沿いに佇む一軒家に泊まった5日目の夜のオーロラは一生忘れることはないだろうと思うものでした。


宿に併設されている露天風呂に入りながら見る、星空の中に360度広がるオーロラ。現れては薄れ、また現れ…。カーテンの様にゆらめきながら点滅し…。これこそが求めていたもの!そう思わせてくれるものでした。

 

まとめ

今回私たちの旅は6泊7日の計画で、宿泊は全て宿を取りました。予算としては

レンタカー代: 180,300円
宿代 : 204,114円
ガソリン代 : 32,738円
食費 : 33,476円
入場料・駐車場代等 : 17,053円
ブルーラグーン : 66,890円
※全ての費用が8人合算分1人当たり 66830円

アイスランドは物価が高いので、私たちも予算を抑えるために外食はせず、食事は宿で自炊をしていました。それでも満足いくだけの観光地を周ったつもりです。そう考えると、1人当たりの予算は思ったよりも安いと思いませんか?

私たちのように大人数でレンタカーを使って周れば、ヨーロッパ各国からの往復の航空券を含めても10万円以内でアイスランドを満喫することができます。(予算を抑えるために車中泊をしている人たちもいて、宿をとらなければ更に予算は下がります)

All photo by tetsuto maeda

アイスランドは魅力溢れる国です。しかしその魅力は自然と深く結びついているもの。天候やその時の気候条件も大きく関係しています。もしかしたら、アイスランドに行っても思い描いていた景色は見れないかもしれません。

しかし、そのリスクを負ってでも、訪れる価値のある場所であると確信をもって言うことができます。「死ぬまでに一度は行きたい国!」是非、アイスランドを訪れてみてはいかがでしょうか?

【アイスランド1周の旅】について、7日間全ての日でブログを書いています。ルートや観光についても載せていますので、下記のブログも合わせて読んでみてください。

https://tanoshikunakucya.blogspot.jp/?m=1

\TABIPPO.NETにてハネムーン世界一周の様子を連載中!/

ライター
前田 哲都 夫婦でハネムーン世界一周

夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに教師、建築士の仕事をいったん退職し、ハネムーン世界一周をふたりでスタートさせる。好奇心旺盛の目立ちたがり屋!でも、根はすごく真面目のてつと。のほほ~んとしていてバックパッカーにはならない風貌のちぃ。それでもふたりで世界一周にいきます!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング