ライター
はるぼぼ ドイツ人のダーリンに恋に落ちドイツ移住

大学の卒業旅行を機に旅にハマり、休暇のたびに海外を旅していたサラリーマン時代。 旅先の長野でドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意し、退職。 長期旅行の夢を叶えるべく、東京~ドイツ間を5か月かけて横断し、2015年11月ドイツ生活をスタート。 ドイツ語や日本と正反対の食文化にとまどい、時に打ちのめされながらも日々奮闘中。

普通のUネックのTシャツなど、首が見えるのは問題ありませんが、襟ぐりが大きく開いているトップスは避けましょう。

 

首以外は必要以上に露出しないものを選ぶようにし、さらにストールを巻いて胸元のラインを隠すようにするのがベター。

ストールはインドの強い日差しや砂埃からも守ってくれるお役立ちアイテムなので、インド旅行には必ず持参するか、現地に着いたら早めに入手したいところです。

 

ルール3:お尻のラインを出さない

IMG_0443

Photo by Harubobo

インドでは、女性が体にフィットしたパンツなどを履いてお尻のラインを出すのは一般的ではありません。

インドで売っているトップスの多くが、お尻が隠れる長めの丈になっていますし、さらにボトムにはゆったりとしたパンツやロングスカートを履いて体の線が出ないようにするのが定番。

 

現地で服を買ったときも、お店を経営しているお母さんのような年齢の女性から「インドではお尻のラインは隠さないとダメよ!」と言われました。

 

ローカルファッションで現地に溶け込む

IMG_2329

Photo by Harubobo

このように3つのルールにのっとったインドファッションで旅をしていると、周囲の風景に溶け込みやすくなります。

もちろん顔つきや肌の色などで現地人でないのは明らかなのですが、現地風の服装をしているとある程度「インドをわかっている」ように見えますし、「誘っている」と勘違いされることもありません。

ローカルファッションは写真映えもいいので、身の安全確保とステキな写真ゲットの一石二鳥です!

 

インドは「危険」か?

IMG_2297

Photo by Harubobo

近年インドでの性犯罪のニュースも多く、「インドは危険な国」という印象を持っている人は少なくないと思います。

実際にインドを旅した私としては、「日本で一般に思われているほど危険ではない」と感じたのが正直なところです。

一か月の間で体を触られるといった経験もありませんでしたし、意外にも紳士的な男性にもたくさん出会いました。

女性が一人で旅行をしていると、「危険な目に遭わないように」と気を配ってくれる人もいます。

ここに挙げたように、服装に気をつける、比較的危険と言われる街は避ける、宿や交通機関は一定以上のクラスを選ぶ、といった対策をとっていれば、身に危険が及ぶような事態はほとんど回避できるはず。

 

まとめ

IMG_5426

photo by harubobo

インドを旅行するにあたって、私も最初は不安もありました。

ですが、インドの壮大な風景、他の国にはないカオスで強烈な光景、フレンドリーな人たちとの出会いがあり、「インドに行って良かった!」と今では感じています。

インドを旅するとなると、常に一定の緊張感を維持する必要がありますし、体力的・精神的にも楽ではありません。

しかしインドには、世界でも類を見ないワンダーランドがそこにあります!

きっと、良くも悪くも「一見の価値あり」なのがインドという国ではないでしょうか。

ライター
はるぼぼ ドイツ人のダーリンに恋に落ちドイツ移住

大学の卒業旅行を機に旅にハマり、休暇のたびに海外を旅していたサラリーマン時代。 旅先の長野でドイツ人のダーリンと恋に落ち、ドイツ移住を決意し、退職。 長期旅行の夢を叶えるべく、東京~ドイツ間を5か月かけて横断し、2015年11月ドイツ生活をスタート。 ドイツ語や日本と正反対の食文化にとまどい、時に打ちのめされながらも日々奮闘中。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング