ライター
鈴木 サラサ フォトグラファー

タップダンスやタレント活動、舞台など様々な表現活動を経て… 突然インドにはまってしまい、バックパッカーをしながら写真を撮り続けています(毎年個展開催してます^^) インドとスリランカではアーユルヴェーダ修行もしました。 世界の神様に会いに行く、ちょっと変な旅を心がけてます。

「えっ、これをどうすれば…」とためらっていると突然顔面にピンクの粉をぶっかけられ、思いっきり吸い込みむせました。

 

顔を上げると「ハッピーホーリー!」と笑いながら立ち去る大学生らしい男の子が。

その瞬間、私の中のシヴァ神が目覚めたかのように彼を追いかけ、同じように「ハッピーホーリー!」と言って顔面に赤い粉を投げつけてやりました!(春の訪れを祝う最初の趣旨と違ってきた)

その後も色んな人の攻撃を受け、返し、「ハッピーホーリー!」しまくった結果がこちら。

before

12380448_999423990177686_307298602_n (2)

after

DSCF0897

Photo by Suzuki Sarasa

顔面赤い人です。

ただ、色の染まり具合がこの服だとわかりにくいので、白い服で行けば良かったです。

DSCF0901

photo by suzuki sarasa

初対面の人と粉を投げ合うだけなのに、なぜかめちゃくちゃ仲良くなって、結果この一体感。

最初イラっとしたけど、ハッピーホーリー最高です。

 

コンテストに参加してインドに行こう!

DSCF0925

photo by suzuki sarasa

粉かけに参加した人であれば、Holi LOOKS Contest に参加できます。

このコンテストで優勝すればなんと!エアーインディアの往復航空券や、他にも素敵なインドグッズをもらえるとか。

審査基準は「どれだけホーリーを楽しんでいるか」。

 

私ももちろん参加しました!狙うはもちろん航空券です!

結果は…選ばれませんでした。

「楽しんだ自信あるんだけどな〜」とぼやいていると、友達に「ここで航空券もらわなくても、インドどうせ勝手に行くじゃん、そうゆう人には当たらないんだよ」と突っ込まれました。

 

さいごに

粉まみれになって楽しんだ後、待っているのはここから帰宅する現実です。

もちろんこんな粉まみれのまま電車やバスに乗るのは厳禁なので、着替えを用意しておきましょう!

洗顔も1回位じゃなかなか綺麗に落ちないので、私はほのかに顔が赤いまま帰りました。マスクはあったほうが周りの目を気にせず帰れると思います。

 

Holi Yokohama2016に参加される方は是非、コンテストに参加してインド行きの切符をゲットしてくださいね!私ももちろん!

…と言いたいところなんですが、今年は参加できないんです。その頃、インドにいるんで…。

(本当に勝手に行ってます。)

ライター
鈴木 サラサ フォトグラファー

タップダンスやタレント活動、舞台など様々な表現活動を経て… 突然インドにはまってしまい、バックパッカーをしながら写真を撮り続けています(毎年個展開催してます^^) インドとスリランカではアーユルヴェーダ修行もしました。 世界の神様に会いに行く、ちょっと変な旅を心がけてます。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング