ライター
やういち メキシコ在住プロダイバー

メキシコ在住ブロガー/タオ島産プロダイバー/元キーエンス営業/上智卒/元カリフォルニア在住 「好きな場所で好きな事をしながら生きる」人を増やす為のブログを書いています。旅行と海と筋トレが好き。現在は自由を手に入れたものの、お金がなくて人生は相変わらず大変です。 instagram: https://www.instagram.com/iwayui0466/ blog: http://yauichi.com/

ラマユルゴンパ

photo by Yuichi

こちらはレーの街から車で数時間離れているので、1日かけてツアーを通して行くのが一番でしょう。

photo by Yuichi

入り口に説明が書いている看板があります。

photo by Yuichi

中は他のゴンパと同様に、仏像がいくつも安置されています。

photo by Yuichi

未だ現役で使われている机です。お経の様なものが書いてありますが、意味はさっぱり…。

観光用のツアーを寺が開催しているわけではないので、ガイドの説明などはありません。自分で考えて感じるしかありません。

photo by Yuichi

このゴンパは壁画がとても綺麗。日本に存在する同じ仏教といえど、ここまで違う雰囲気の壁画になるんです。

アルチゴンパ

こちらのゴンパはラダック地方の中でも最も古く、価値のある仏教芸術が残ります。しかし、多くの場所が撮影禁止です…。

photo by Yuichi

この橋を渡った先にあります。タルチョと呼ばれるチベットの旗がたくさんかかっています。

photo by Yuichi

こちらはどのゴンパにもある「マニ車」と呼ばれるもの。時計回りに回すとお経を読んだのと同じだけ功徳があるとされています。

なので、参拝にきている人は皆必ずこのマニ車を回しながら歩きます。

photo by Yuichi

この中に壁画や仏像が保存されています。中は、本当に”生きた美術館”と呼びたくなる様な世界。
古くから残る多くの仏像や壁画が、今も信仰対象として使われています。

しかし、中は撮影禁止なので今回この記事に写真を載せる事はできません…。是非実際に行って、自分の目で確かめてください。

photo by Yuichi

また敷地内にこの様な建造物もたくさんあり、中には曼荼羅が描かれています。

photo by Yuichi

こちらがその曼荼羅。美術館の中でガラス越しに観れる様な壁画に、360度囲まれる経験はなかなかできません。

 

レーへのアクセス

レーへはデリーから飛行機でのアクセスが一番簡単です。1日数本出ており、時間も1時間半とそこまでかかりません。

陸路で行く方法もありますが、冬には道がふさがれていますので利用できません。もし夏や春に行くのであれば、陸路も検討してみてください。3日ほどかかるそうですが、大きな節約にはなります。

また途中でマナリという街に止まるらしいのですが、そこは自然豊かでゆっくりできると旅人の中で評判が高い街でした。

 

まとめ

いかがでしたか?

レーやゴンパはまだまだ日本では馴染みが薄いかと思います。ですが、その分全く違う世界、違う文化を体験できる数少ない場所です。

是非インドに行った際にはレーへ足を伸ばしてみてください。

ライター
やういち メキシコ在住プロダイバー

メキシコ在住ブロガー/タオ島産プロダイバー/元キーエンス営業/上智卒/元カリフォルニア在住 「好きな場所で好きな事をしながら生きる」人を増やす為のブログを書いています。旅行と海と筋トレが好き。現在は自由を手に入れたものの、お金がなくて人生は相変わらず大変です。 instagram: https://www.instagram.com/iwayui0466/ blog: http://yauichi.com/

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング