writer
森野 継偉 世界一周経験者

大学二年で小学生時代から渇望していたマチュピチュ遺跡へ初海外一人旅、初バックパッカーデビュー。その時回ったペルーとボリビアに刺激を受けもっと世界を見たいと思い現在世界一周中。PRポイントは人一倍の好奇心、何でも突っ込んで行くところです。

 

インドネームを持つべし

11923415_672033849598826_1815672323_n

photo by keiimorino

筆者はインドを旅する上でインドネームを持っていたおかげでインドを楽しく旅できたと言っても過言ではありません。 メロ ナム ○○で私の名前は○○という意味。 一例ですが筆者はアクチェイクマール、一緒にいた相方はサルマンカーンとインドの映画スターを名乗っていました。

すると駄菓子屋のおっちゃん、カレー屋のおっちゃん、銃を持った警官や怖い顔したおばちゃんもみんな笑顔になって握手を求めて来ます。 町中でアクチェ、アクチェと声をかけられ楽しい思い出になりました。有名な映画俳優達から是非名前を借りることをオススメします。

 

ジェネラルクラスに乗るべし

1384393_584009925064468_9168089048646354845_n

photo by shinosuzuki

インドはとてもとても広いので、都市間の移動もとても時間がかかります。列車はいくつかのクラスに分かれていますが一度ジェネラルクラスに乗ることをオススメします。

値段が安いことだけでなく、予約も不要で行きたいときに気軽に行けるというまさに旅人向け。人が荷台に座っていたり床で寝ていたりとその光景に衝撃を受けます。

席が空くと座れ座れと座らせてくれたり腹が減っただろと食べ物をくれたり、乗り継の駅を教えてくれたり座り心地は悪くても居心地は最高でインド人の優しさを感じれます。

 

実はインド人はいい奴ら!?

インド人のイメージと言うと騙してくる、怖いなどが一般的な気がします。 確かに中にはお金のことしか頭にない人もいましたが大部分は優しい心を持っていて陽気な人々でした 。是非実践してみてください!

writer
森野 継偉 世界一周経験者

大学二年で小学生時代から渇望していたマチュピチュ遺跡へ初海外一人旅、初バックパッカーデビュー。その時回ったペルーとボリビアに刺激を受けもっと世界を見たいと思い現在世界一周中。PRポイントは人一倍の好奇心、何でも突っ込んで行くところです。

RELATED

関連記事