株式会社TABIPPOは、「あたらしい旅で自分と世界の豊かさをつくる」をミッションとした、次世代の旅人=ニューノーマルトラベラーが育つ学校「POOLO(ポーロ)」の募集を開始しました。今回募集するのは、仲間と学び自分と世界を豊かにするライフデザインコース「POOLO 6期」です。

POOLO 公式サイト

■「POOLO(ポーロ)」とは?

「POOLO」は、株式会社TABIPPOが運営するニューノーマルトラベラーが育つ学校です。「あたらしい旅が、自分と世界の豊かさをつくる」をミッションに、世界中を旅した経験をもつミレニアルズを次世代を担う人材へ育てます。

2019年の開校以来、延べ500名以上の生徒が卒業し、自らの人生を豊かにするだけでなく、実際に社会のアップデートに着手する人材を輩出してきました。今回は仲間と学び自分と世界を豊かにするライフデザインコース「POOLO 6期」を用意しています。

■仲間と学び自分と世界を豊かにするライフデザインコース「POOLO 6期」概要

POOLO 6期は、仲間と学びあい、自分の豊かさをつくるライフデザインコースです。自己理解・ウェルビーイング・共創をテーマにした多彩な講義を通じてこれまでの人生を振り返り、あたらしい価値観を持った自分で、社会に還元できることを考えます。

「世の中を豊かにするプロジェクト」を提案するチームでのワークも充実。のめり込むほど楽しくなり、課外活動に熱中するメンバーが多いのも特徴です。活動期間は8ヶ月、人数は約50〜70名を予定しています。

■「POOLO 6期」申し込み・スケジュール等詳細

・応募締切日:2023年7月24日(月)(定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます)
・開催期間:2023年8月4日(土)〜2024年3月30日(土)
・定員:75名
・参加費:通常プラン154,000円(税込)
・受講方法:オンライン / zoom

■ニューノーマルトラベラーが育つ学校「POOLO」の3つのポイント

1. 価値観の合う多様な仲間とオンラインを中心に活動する学校

受講生は全員が旅が好きという共通点を持っているので、参加者は価値観が合う人ばかり。仲間同士の旅行や起業、POOLO講師が経営する企業への転職など、「一人ではないからこそ行動できたこと」を多く経験できます。

2 .豪華講師の講座をはじめ多角的なプログラムで学びが加速する

POOLOのプログラムの特徴は、多角的であること。豪華講師陣の講義のインプットをはじめ、個人ワークやチーム課題、プレゼン発表等のアウトプットも実施。また課内活動のほかに、課外活動として、自主開催企画やコミュニティ発のプロジェクトも例年多数発生します。同時並行でさまざまな視点から学びを得るプログラム設計が、理解と発見のサイクルを加速させます。

3. 旅を原体験に持つ参加者が集い、あたらしい豊さを共創する

これまでの旅の経験を見つめ直し、原体験や「好き」を深掘り。観光が世界を豊かにする方法を学んだり、自分が実現したい世界や届けたい想いを決めたり、講師や参加者とコミュニケーションを取ったりする中で、旅の経験を未来につなげる道を探します。

■「POOLO」からのメッセージ

今や、多様性あふれるこの時代を生きる若者たちの価値観や働き方は、日進月歩。どんどん変化しています。

旅する魅力を伝える人もいれば、旅の経験を生かして地方創生の分野で活躍する人もいるし、海外を活動拠点に選び日本と世界をつなぐ人もいれば、はたまた世界や社会をよりよくするために起業の道を選び、旅を軸に据えるすべての人を応援するPOOLOやTABIPPOのような活動体も増えています。

言い換えれば、価値観の主体が、競争よりも「共創」。利己主義よりも「利他」主義に変わりつつあると言えるのです。

そんな若者たちが、もっともっとステレオタイプにとらわれずに新しい発想や着想を得て、同じ時代をともに生きる仲間に出会い、さらには旅した経験を社会に還元していけるようにサポートする役割が、POOLOです。

これからの時代を牽引し、より豊かな世の中を作るニューノーマルトラベラーが育つ場所を提供します。

■株式会社TABIPPO 執行役員 CCO 恩田倫孝のコメント

やっと旅に行けるようになりました。2019年に開講したPOOLO。激動の時代の変化とともにニューノーマルトラベラーが育つ学校「POOLO」もアップデートしてきました。今回は、仲間と学び自分と世界を豊かにするライフデザインコース「POOLO 6期」を募集します。ぜひ、旅好きのみなさんのご参加お待ちしています!

POOLO 公式サイト

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧