ライター
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

6. Chris Burkard (chrisburkard)

Chris Burkardさんは、カリフォルニアのセントラルコーストを拠点に活動している写真家です。フォロワー数はなんと130万人という驚異的な数字を誇ります!

エネルギー溢れるその写真たちは、目に焼き付いて離れないでしょう。また写真家の他にもサーフィンやアウトドア業界でも名を知られているアーティストでもあります。

ぜひその世界観に潜入してみたいですね。

 

7. Trey Ratcliff (treyratcliff)

旅行写真ブログ「StuckInCustoms.com」の作成者として知られているのが、Trey RatcLiffさん。

グーグルのビュー数は1000億以上にもなる彼の写真たち。Instagramでも人気を誇っています。この写真は南の楽園ボラボラ島で撮影されていて、今にも星が落ちてきそうですね。まさに絶景!

 

8. Murad Osmann (muradosmann)

思わず声を上げてしまいそうになりそうな素敵なこちらの写真は、ロシアの写真家Murad Osmannさんの投稿したものです。夫婦で世界中を探索して周っているそうです。背景の色とカラフルな衣装がとてもマッチしていて素敵です。

現在300万人以上の人にフォローされています。夫婦で世界を巡るなんてとてもロマンティックで良いですよね。私もいつかは未来の旦那さんと巡ってみたいものです。

 

9. Gary Arndt (@everythingeverywhere)

SATW(Society of American Travel Writers、米国トラベルライター協会)主催の「トラベルフォトグラファー・オブ・ザ・イヤー(2014年)」を獲得したことがあるGary Arndtさん。

 

すべての写真は彼自身によって撮影されたものであり、とても魅力的な写真です。

 

10. Natalie DiScala(nataliediscala)

”機内持込みOKの手荷物だけの旅行”というかっこいい旅行の仕方をしているのがこちらのNatalieさん。彼女の写真は、アメリカの実業家や、ホテルの運営者などから「リグラム(インスタグラムで投稿をシェアすること)」されていることが多いです。

数え切れないくらい旅行をしている彼女が見た世界は一体どんなものだったのか見てみたいですね。

 

こちらもチェックしてみよう!

最後にこちらのInstagramも要チェックです。アメリカの旅行産業メディア「JohnnyJet.Com」のアカウントです。

ハワイのワイキキビーチの写真ですが、海の透明度が高過ぎます!上空から見てもこんなに透明度が高いとは驚きです。

 

まとめ

「2016年にフォローすべき世界の旅行インスタグラマー10選」の紹介でした。好きなインスタグラマーは見付かりましたか?どの写真も本当に絶景で感動しますね。

Instagramを実際に活用している人は、自分にしか撮れないオリジナル写真を撮ってフォロー人数を増やすことを目的にしてみたり、まだ活用していない方は他の人のInstagramを見ながら、絶景探しをしてみるのも楽しいと思います。

ここに挙げた10人のInstagramこれからもぜひチェックしてみてください!きっとたくさんの素敵写真に出会えることでしょう。

ライター
RORO PEACE BOATで世界一周

旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は29カ国、国内は45県を制覇。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング