ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

日本で開催される言語交換会へいく


photo by pixta

「留学も、ワーキングホリデーもいく余裕がないなあ……」なんて人も多いですよね。そんな方は、ぜひ日本で開催されている交流会へ積極的に参加してみましょう。

交流会の多くは東京や大阪などの大きな都市になってしまいますが、特に、言語交換会から恋人と知り合った、または結婚したという人が意外と多いです。

 

言語交換会は、語学レベルによって開催が分かれているので、まずは、国際交流サービスであるMeetupに登録してみてはいかがでしょうか。

Meetupには、パーティーのお知らせが比較的多めですが、パーティーはおすすめしません。なぜなら、パーティーに参加している外国人男性は、真面目な交際をしたい人というよりも、ただ遊びたい人、または休暇中の暇つぶしに楽しみたい人が比較的多いので、本気の交際を目指すなら控えましょう。

語学交流もそういう人がゼロとは言い切れませんが、日中に開催されることが多いので、比較的真面目に言語を勉強したい、文化を学びたいという人が多いです。

マッチングアプリに登録する

危ない出会いもあるので個人的にはあまりおすすめできませんが、マッチングアプリを利用するのも一つの手です。ここ最近、やっと日本人のマッチングアプリ利用率が上がってきて、マッチングアプリを通じて知り合ってカップルになるという人も増えてきました。

実は、日本よりも海外の方がマッチングアプリ登録率は高いので、たくさんの男性とアプリ知り合うことができるかもしれません。

ただし、世界にはいろんな人がおり、一見優しそうだけど実際に会ったら嫌な思いをした、危ない目に遭ったということもまだ聞きますので、細心の注意が必要でしょう。

留学かワーホリで外国人彼氏を作る人が多め


photo by pixta

ここまでさまざまな種類の外国人男性と付き合うきっかけをご紹介してきましたが、個人的におすすめなのは、留学かワーホリ。筆者の友人や知り合いも、国際恋愛のきっかけは実際に海外に行って滞在した人の方が圧倒的に多いです。

日本は飛行機を使って海を渡る必要があるので、そもそも日本にいる外国人男性と知り合って可能性を待つより、自分から海外に出て生活してみる方が、出会いは確実に多いからかもしれません。

海外に出向き、コミュニティに参加することにより、横のつながりは一気に増えていくはず。本気で相手を探すなら海外行きましょう。

外国人彼氏が欲しいなら今すぐ行動しよう


photo by pixta

筆者がこれまで出会ってきた「優しい外国人彼氏が欲しい〜」と言う人の9割は、ラクして出会おうとしている人でした。日本に生まれ、日本に住んでいても、なかなか男性の出会いがない世の中で、さらに外国籍の男性を楽して探すのは、かなりハードルが高いです。

外国人彼氏が欲しいなら、今すぐ行動に移しましょう。英語の勉強はこの記事を読み終わったすぐにでもできます。

 

そして、外国人彼氏とめでたくお付き合いに発展したあとは「なぜ外国人彼氏と付き合いたいと思ったか」と言う質問を彼から投げかけられることがあります(筆者調べでは7割がこの質問を受けています)。

そこで、間違えても「言語が上達したかった」「外国人ってかっこいい」などといった彼を利用しているような発言は控えましょう。

実は、筆者の知り合いには「昔こんな言葉を日本人の元カノから言われて怖くて踏み出せない」と言う人が一定数います。間違えても彼を傷つけるようなことは言わないように気をつけてくださいね。

すてきな国際恋愛ができますように!

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング