ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

あえて、イタリアの穴場スポットを訪れる

目印はとんがり帽子「アルベロベッロ」の可愛い民家にホームステイしたい


photo by Asami Umezono
「トゥルッリ」と呼ばれる不思議な形の建物が並ぶ町。有名なエリアはカフェやお土産屋に改修されているが、ローカルな地区では実際に人々が生活している。屋上のテラスを解放している家もあるので、気軽に声をかけてみたい。屋根に描かれたとても魔除けとは思えない可愛いマークも写真に撮って集めてみて。


photo by ①Hiroko Sasaki ②Manami Abe ③Misaki Naka

①最古の橋ベッキオ橋

大戦で唯一爆撃されなかった、フィレンツェの美しい橋。橋の上のショップでアクセサリーをおねだりする♡

②ドキドキ真実の口

「サンタ・マリア・イン・コスメディン教会」の前で、あの口に手を入れて、お決まりのポーズで写真を撮りたい。

③「ジュリエッタの家」で悲劇のヒロインになりきる

名作「ロミオとジュリエット」の舞台、ヴェローナ。バルコニーに上がり、あの有名なシーンを再現してみたい。ちなみにここにはジュリエット宛のポストがあり、手紙を書いて恋愛相談ができる。返事もちゃんと返ってくるとのこと。
photo by ①Ayaka Sakai ②Takuji Nomura ③Misaki Naka

①ミラノのドゥオーモ

空に伸びる尖塔が繊細かつ壮大な、世界最大級の大聖堂。建築を堪能したあとは、屋上からのパノラマを堪能。

②トレビの泉にコインを投げる

後ろ向きにコインを投げると願いが叶うローマの名所。「 次は大切な人と来れますように」とお祈りする。

③ジュリエットの像でご利益を

家の庭に立つ銅像は、右胸に触れるとご利益があるそう。世界中の女性たちに混じって恋愛運をアップ!

イタリアで自然を満喫

カプリ島の「青の洞窟」に行って本当に青いか確かめる


photo by Takuji Nomura
ナポリから約30㎞のところに浮かぶリゾート地。断崖絶壁のわずかな隙間を手漕ぎボートでくぐり抜けると、日本人にも有名な青の洞窟がその姿を表す。確実に見たいなら、波が穏やかで天候が安定している6月から8月がチャンス。

名シーンが蘇るシチリア島


photo by Romas_Photo/Shutterstock.com
数々の名作映画が撮影されてきたリゾート地。歴史深い町から、地中海に沈む夕日を眺めたい。

イタリアの文化・歴史を学ぶ


photo by ①Misaki Naka ②Takuji Nomura ③Misaki Naka

①2000年の歴史コロッセオ

「ローマ帝国の最高建築」と言われる円形闘技場。間近にそのすごさを感じて偉大な文明に感動!

②帝国の中心フォロ・ロマーノ

ローマ帝国時代の重要遺跡が集まる広場で「ブルータスよ、お前もか! 」と、歴史的名言を叫びたい。

③時が止まった町ポンペイ遺跡

火山の噴火により一瞬にして壊滅した幻の都市。あの日から静止した時の中をめぐり歩きたい。

「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」をチェック!

本記事の内容は、PAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されています。地球上にある絶景、秘境、グルメ、 非日常…が2,000個ズラリと並んでいます。ページ数は496Pにもおよび、掲載国数は日本のガイド本史上最多の186ヵ国!

次に旅行の予定がある人にとって参考になることはもちろん、めくるだけでも旅へのワクワクが止まらなくなるはずです。TABIPPOの自信作、ぜひ手にとってみてくださいね!

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング