日本の幻想的な雪まつり7選!寒い冬だからこそ見れる世界へ

Pocket はてブ

十日町雪まつり

 

上杉雪灯篭祭り(山形県)

imasia_2388709_S

photo by pixta.jp

「平和」「市民参加」「おもてなし」をコンセプトとしたイベントで、毎年2月の第2土曜・日曜日、松が岬公園一帯を主会場に 約300基の雪灯篭と、1,000個の雪ぼんぼり(雪洞)に 燭が灯されます。松が岬公園内の鎮魂の丘には、巨大な雪で作った「鎮魂の塔」が建ち、第2次世界大戦の戦没者のための鎮魂祭も開催。

 

テント村物産展では米沢ラーメン、鍋や牛串焼、玉こんにゃくなど地元の名物はもちろん、米沢と交流の深い各地から美味しいものが楽しめます。

 

次回の第39回上杉雪灯篭まつりは2016年2月13日(土)~2016年2月14日(日)開催。

 

上杉雪灯篭祭り

 

アイスキャンドル 甦れ諏訪湖ふれアイスin諏訪(長野県)

imasia_8977537_S

photo by pixta.jp

諏訪湖の氷と水を使ったアイスキャンドルを街中に飾り、きれいな諏訪湖への願いと諏訪の冬を楽しみ諏訪を元気にするイベントとして、1995年より開催されています。イベント広場ではアイスキャンドルコンテストやコンサートが実施され、地元諏訪の食欲をそそる屋台が並びます。

 

また、イベント開催に先駆けて1週間ほど前からはアイスキャンドル作りが行われ、誰でも参加することができます。

 

次回は2016年2月6日(土)開催予定。

 

アイスキャンドル 甦れ諏訪湖ふれアイスin諏訪

 

只見ふるさとの雪まつり(福島県)

 

毎年2月の第2週の土・日曜日に開催される福島県最大の雪まつりです。メインの会場には大雪像、そして町内各地には雪像やキャンドルロードが立ち並びます。また大花火大会、ゆきん子市での物産や名物熊汁販売、郷土芸能披露や雪中大みこし、スノーモービル体験などのイベントを開催。

 

只見ふるさとの雪まつりで自然首都・只見復興花火「白銀(はくぎん)」という只見町史上最大の冬の花火を打上げようというプロジェクトが、クラウドファウンディングサイト『READY FOR?』にて公開されました。

 

クラウドファウンディングとは、不特定多数の方から支援金を集めるサービスです。復興の思いを乗せた1,500発の花火、ぜひみんなで見てみたいですね!

 

「只見ふるさとの雪まつりで未来に繋ぐ花火を打ち上げたい!」プロジェクト

 

次回の第44回只見ふるさとの雪まつりは2016年2月13日(土)~2016年2月14日(日)開催。

 

只見ふるさとの雪まつり

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。「こたつで丸くなる」暇などありません!

早めにイベントの日程をチェックして、冬を楽しむ計画を立てましょう。冬はもうすぐそこまで迫ってます!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

阿部サキソフォン
コンテンツディレクター
*コンテンツディレクター* 高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニュ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

祭り

FEATURED特集

特集一覧へ