ライター
ペコちゃぁん 空間プロデューサー

初海外のオーストラリアで1年間のワーホリ後、そのまま東回りで世界一周。直感系女子ペコちゃぁんです。帰国後は地元香川県にて飲食の仕事をしておりました。現在はポルトガルにてワーホリ中。 夢は世界に名の轟く 笑と夢と愛の溢れる空間プロデューサー。 青い空と海、美味しいものを食べる時の笑顔が大好物。

6.カレールー

旅先でカレーを口にすることがあるかもしれませんが、やっぱり恋しくなるのはジャパニーズスタイルのあのカレー。

大きなスーパーでルーを手に入れることも出来るんですが、私が見てきた限り、その価格は日本の3倍以上であるといえます。

安く旅したいバックパッカーには、お財布の紐がキュッとなるところです。今日本に居るのなら、是非とも持ってくることをおススメします。

 

7.たらこの素

たらこ味。パスタにあえてもよし、たらこマヨでポテトサラダにしてもよし、パンにチーズとともに乗せて美味しいトーストにしても良しと、使い道は無限大です。粉末のものを白ご飯にかけて、たらこご飯を想像しながら食べることもあります。

海外では中々お目にかかることのない、たらこ味の粉末やペーストは、日本で安く手に入れてから海外へ旅に出てください。

 

8.海苔

お酒が大好き・辛党の私にとっては、海苔はおやつにもなります。味付け海苔ならそのまま、焼き海苔なら醤油などをつけて酒のアテにしてしまうんですが(そのためいつも序盤に無くなる)、ビネガーとオイルのドレッシングにちぎったのりを加えれば、いつものサラダも味が変わって美味しくたのしめます。

大きいスーパーマーケットへ行けば、お寿司などに使う焼き海苔は見つかるのですが、価格は高めです。また、アジアの食材を並べるマーケットで味付け海苔を見ることもあるのですが、そんなにたくさんいらない…なんて量がパックになっているので、こちらも日本から欲しい分だけ持ってくるに限ります。

因みに西日本生まれの私、おにぎりには味付け海苔派です。

 

9.緑茶パック

海外でも手に入る率は高めですが、こちらも安価でパックになっているものをというのであれば日本から持ってくるに越したことはありません。ジップロックにまとめて入れておくとコンパクトですし、どこででも緑茶が飲めます。

あと、私は扁桃腺が腫れやすいタイプなので、喉に違和感を覚えたらすぐに緑茶うがいをしています。いい働きしますよ。

あ、お茶漬けを作るときに緑茶で作ってもいいですよね。

 

私はやっぱり和食が好き

all photo by peco

現地の料理を食べることも旅の楽しみではありますが、宿で出会った人と一緒にご飯を作って食べることも楽しいです。

「日本食作って!」なんて言われた時にも、上記のセットがあれば無敵です。是非とも世界各国の友達と、美味しいご飯で食卓を囲んでくださいね。

ライター
ペコちゃぁん 空間プロデューサー

初海外のオーストラリアで1年間のワーホリ後、そのまま東回りで世界一周。直感系女子ペコちゃぁんです。帰国後は地元香川県にて飲食の仕事をしておりました。現在はポルトガルにてワーホリ中。 夢は世界に名の轟く 笑と夢と愛の溢れる空間プロデューサー。 青い空と海、美味しいものを食べる時の笑顔が大好物。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング