豊田圭一さん
writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

強さと勢いを兼ね備えた坪井さんが持つ突破力は世界で活躍する人の、共通点だと強く感じるインタビューだったそうです。

 

坪井さんのことをもっと詳しく知るなら、下記の記事をご覧ください。
−世界初、世界最高の指導者留学プログラムを。−バルセロナ、サッカー監督坪井健太郎さん

 

山崎美未さん / ニューヨークで不動産と翻訳の事業を運営

山崎美未さん

photo by junpeihazama

ワシントン大学の大学院を卒業後、翻訳会社に勤務し、なんちゃって起業から事業家となった山崎さん。徹底的な個人主義、実力主義の街ニューヨークでは、個性と才能を主張していかないと生き抜いていくことができません。

謙遜を美とし、場の空気を読む日本にはない貪欲さを求められる中、活躍している山崎さんからは強い自己愛や自己肯定感を感じたそうです。

インタビューの中でも語られている「自分に蓋をしない、やりたいことに貪欲になる。」という言葉に惹かれる方は、ぜひニューヨークを体験してみてはいかがでしょうか。

 

山崎さんのことをもっと詳しく知るなら、下記の記事をご覧ください。
「ハングリーに。貪欲に。」日本人に足りない個を主張する大切さ。−山崎美未さん

 

柏田雄一さん / ウガンダの父と呼ばれた経営者

柏田雄一さん

photo by junpei hazama

苦しみ、戦いながらも半生をウガンダに捧げた柏田さん。政情の不安定な中、戦争で工場が破壊され、何とか立て直すも腐敗した政治家によって国外退去を余儀なくされます。

15年の空白を経て再びウガンダに戻るも、今度は柏田さんを呼び戻した張本人である大統領と一切連絡が取れなくなる…壮絶な人生を経験した柏田さんですが、とても気さくな人柄だったそうです。

 

柏田さんのことをもっと詳しく知るなら、下記の記事をご覧ください。
内戦で破壊された工場、破壊されなかった絆:日経ビジネスオンライン 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。旅の出会いを通して、人生が大きく変わることはよくあります。TABIPPOの創業者たちも世界一周中に巡り合った旅仲間です。

たくさんの人々に出会った狭間さんが、旅を通じて得たことをどのようにアウトプットするのか楽しみですね。

狭間さんのTABIPPOでの活動はこちらです↓
「事業は人なり」ただの大学生のぼくが、いまTABIPPOでやっていること学んでいること

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事