ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

自然に囲まれる「KITOKURASU cafe」で一息

東京はおしゃれなカフェはたくさんあるけれど、「自然」を感じられるカフェは少ないですよね。目の前に大自然を見ながら、ゆっくりとお茶できるカフェがあったら気持ちいいだろうなあ……と思っていたら、ありました。香川県に。

丸亀市にある「KITOKURASU cafe」は材木屋さんに併設されたカフェで、周りを豊かな自然に囲まれています。

大きな窓から陽のひかりが差し込み、とても明るい雰囲気。目の前には森が広がっており、自然を感じながら食事ができます。天気のいい日には、外のテラスで食事するのもよさそうですね。緑にきっと癒されるはず。

ナッツやフルーツがぎっしり詰まった「森の木の実のざくざくトルテ」は、おやつに食べたい一品。

こちらの材木屋さんは、無添加・無垢の素材にこだわっているのが特徴。お皿や調理器具など、木を使った日用品も多く販売されています。日々の生活に、木を取り入れてみるのもいいですね。

■詳細情報
・名称:KITOKURASU cafe
・住所:香川県丸亀市綾歌町栗熊東3600-5
・地図:
・営業時間:10:00~17:00
・定休日:木曜日
・電話番号:0877-86-5331
・公式サイトURL:http://kitokuras.jp/

ビールにぴったり!丸亀名物の「骨付鳥」

丸亀名物として知られているのが、このボリュームたっぷりの「骨付鳥」です。鶏もも肉に黒こしょうやにんにくで下味をつけて焼いたもので、居酒屋「うさぎ」ではスパイスのきいた骨付鳥が味わえます。

噛むとじゅわっとうまみが出てきて、ビールとの組み合わせがたまりません!

骨付鳥は、若鳥を使った「若君様」と、親鳥を使った「お館様」の2種類。外はパリッと、中はとってもジューシーで、ぱくぱく食べてしまうおいしさです!若鳥の方が柔らかいので、女性も食べやすく人気の一品です。

■詳細情報
・名称:居酒屋うさぎ
・住所:〒763-0021 香川県丸亀市富屋町73-1
・地図:
・営業時間:11:00~14:00  17:00~2:00
・電話番号:0877-25-1315
・公式サイトURL:http://www.usagi-marugame.jp/index.html

旅好きのテンションが上がる!「NEWレオマワールド」

宿泊先におすすめなのが、プールやアトラクション、ホテルなどを含む複合施設「NEWレオマリゾート」。ただホテルに泊まるだけはもったいない!こちらは、旅好き女子の心をくすぐるポイントが盛りだくさんなんです!

特におすすめなのが、「NEWレオマワールド」の中にあるオリエンタルトリップエリア。この景色、絶対に東南アジアですよね。カンボジアを想像させますよね。池に映ったリフレクションも美しく、これぞ絶景です。

別の場所には、アラジンの世界を迷い込んだようなモスクのエリアも。どこもかしこもSNS映えする、フォトスポットが多く、旅好き女子は間違いなくテンションが上がってしまうはずです!

オリジナルのパスポートも配布されているので、ぜひ施設内で海外旅行気分を味わいましょう!まさか香川に、こんな絶景があるなんて知りませんでした……!

夜に開催される、大迫力のプロジェクションマッピングも必見です!イルミネーションを250球使った“レオマ光ワールド”は、日本夜景遺産にも認定されています。

こちらのプロジェクションマッピングの特徴は、360度に光が投影されること!正面だけでなく、横や後ろにも映し出されます。

■詳細情報
・名称:NEWレオマワールド
・住所:香川県丸亀市綾歌町栗熊西40-1
・地図:
・電話番号:0877-86-1071
・公式サイトURL:https://www.newreomaworld.com/

香川のおすすめスポットはほかにも……

今回詳しく紹介できなかったスポット以外にも、おすすめの絶景や施設はたくさん!ジェットスターの特設サイトで詳しく紹介しているので、チェックしてくださいね。


▲「観音寺市ちょうさ会館」で、毎年10月に行われる「ちょうさ祭」のルーツをたどる。


▲4月中旬と8月下旬には、「ダブルダイヤモンド讃岐富士」が見られる。


▲丸亀市はうちわの全国シェア90%!「うちわの港ミュージアム」で体験もできる。


▲瀬戸大橋を一望できる「瀬戸大橋記念公園」。


▲恋人の聖地に認定されている「一の宮公園」でシルエット撮影。

空港へ向かう前に立ち寄りたいスポット

高松発、成田着のジェットスターの最終便は20時。空港へ向かう前におしゃれなエリアに立ち寄って、パンケーキなんていかがですか?

のれんがかわいい「仏生山の森」は、カフェやレストラン、ファームを併設したエリア。その中にある「釜焼きバーグ五十八」で、おいしいパンケーキをいただきましょう!


▲エリアの中にはヤギも。購入したエサをあげることもできます。

飛行機に乗る前はあまり重たい食事は避けたいけれど、空腹のまま乗るとお腹が空いてしまう……。そんな人は、デザートで小腹を満たしておきましょう。

フルーツたっぷりのパンケーキは程よい甘さで、おやつにぴったり。最後まで香川を満喫してから、空港へ向かいます。

■詳細情報
・名称:仏生山の森
・住所:〒761-8078 香川県高松市仏生山町甲884-2
・地図:
・アクセス:ことでん琴平線、仏生山駅より徒歩6分
・営業時間:11時~21時/年中無休
・電話番号:087-899-8886 釜焼きバーグ五十八(仏生山の森事務局)
・公式サイトURL:https://busshozan-no-mori.com/

1泊2日でも十分楽しめる!


ジェットスターの東京(成田)ー高松便は、たったの片道4,490円~*!朝の便で香川へ向かい、翌日の夜の便で帰宅すれば、2日間をフル活用して観光を楽しめます。

受託手荷物がない場合には、国内LCC初の便利なモバイル搭乗券を使うとチェックインカウンターに寄る必要なし!空港に着いたらそのまま搭乗ゲートまで向かうことができ、スマホ1台で気軽に旅をすることができます。

これから観光のオフシーズンとなるこの季節。観光客も少なくゆっくりと旅ができるこの時期に、香川女子旅はいかがでしょうか?

(*表示運賃は、エコノミークラス「Starter」片道運賃。支払手数料が別途必要です。受託手荷物の料金は含まれていません。また、諸条件が適用されます。)

▶︎https://campaign.jetstar.com/kagawatravel/

All photos by Abe saxophone

ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング