最強の度胸試し!中国、華山の世界一危険な道がヤバイ!

Pocket はてブ

足場も極端に狭いため、階段というよりはロッククライミングのような感覚ですね!(ちゃんと迂回路も用意されています)体力に自信がある方は是非挑戦してみてください!

 

蒼龍嶺

北峰から山頂へ向かうと、どの峰に向かうにしてもこの蒼龍嶺を登ります。長さ1,500m、道幅1mの長い登山道を行き来する人とすれ違いながら登っていきます。途中に広がる景色は一枚岩の岩肌がくっきり見えてまるで映画の世界にいるかのようなスケールの大きさを感じられます。

 

祈りの鍵

山道の至る所には赤いリボンのついた鍵がかかっており「家内安全」「心願成就」「恋愛成就」など様々な願い事が込められています。山中にある売店ならほぼ売られているので旅の記念に願掛けするのもいいですね!

 

長空桟道

8

Photo by Kakizawa

「世界一過酷な道」と評されており高さ1000mの地点に幅40cmの板が設置されており、渡りきると道教の仙人像が鎮座しています。安全確保の為にハーネス2本がついたジャケットを装着し、まず最初に垂直15mの階段を下り、その後、長さ約30mの長空桟道を渡ります。

7

Photo by Kakizawa

勇気を出して渡ると1000mの山頂から真下を見下ろすことが山の立体感をより鮮明に体感できます。

9

Photo by kakizawa

 

アクセス

西安駅向かって右手にあるバスターミナル「華山」行きのバスに乗ります。登山道入口でもある玉泉院に着き、足で山頂を目指す方はここから。ロープウェイを使われる方はタクシーでチケット売り場(登山代、ロープウェイ代、ロープウェイまでのバス代)まで行き、そこからバスでロープウェイ乗り場まで向かいます。

※以前は「遊1」というバスでチケット売り場まで直通でしたが現在は運行していません。
※玉泉院に着くと登山グッズ店で華山の説明がありますが無料で物を買う必要もありません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?華山には沢山の見所があります!登山するもよし、ロープウェイを使って景色を楽しむのもよし。自分と相談しながら足で挑戦するのもよし。長空桟道は必ず通る場所ではないので迂回して山頂も目指せます。

雄大な自然を楽しみたい方も度胸試しに挑戦する片もオススメです。ロープウェイだけでも必見の価値があり、広大な中国の偉大さを肌で感じる事ができるので中国に行かれた際は是非!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

柿澤健太郎
柿澤健太郎
世界を旅する施術家
理学療法士として今まで1000人以上の治療を行う。その経験を活かし世界で身体の痛みに困っている人々を助ける為に邁進中。ココロ踊る事が大好き、生きるためなら大概何でもやります。旅で出会ったら施術しま…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

アクティビティ

FEATURED特集

特集一覧へ