ライター
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

花以外には何がある?


photo by ほさかまき

芝生の広場や子供用の遊具もあるので、子供連れでも安心です。

photo by ほさかまき

園内の水路をボートに乗って散策することもできます。この近くに風車が一基あり、無料で中に入ることができます。


photo by ほさかまき

もちろんレストランや売店もあります。お腹が空いたらレストランのテラス席でガーデンを眺めながら昼食を食べ、疲れたら売店でアイスクリームを買うことができます。チューリップに囲まれながら芝生に座って食べるなんて、最高ですよね。

 

キューケンホフ公園への行き方


Photo by Shutterstock

キューケンホフ公園はオランダのリッセにあります。アムステルダムからの一番簡単な行き方は、電車でスキポール駅まで行き、そこでバス往復と入場券がセットになったコンビチケットを買い、専用バスで向かうというものです。

ライデン駅、ハームレム駅からのコンビチケットもあります。コンビチケットは、2017年度は24ユーロでした。アムステルダム中央駅からスキポール駅までは別途往復で約10ユーロかかります。

 

開園時期に注意


photo by ほさかまき

キューケンホフ公園は一年中開園しているわけではありません。チューリップの咲く3月中旬から5月中旬のみ、開園しています。事前に開園期間を調べてから行きましょう。キューケンホフ公園公式ホームページはこちらから。

ゴールデンウィークはちょうどキューケンホフ公園の開園期間です。オランダまでの飛行機は直行便もありますので、是非行ってみてはいかがでしょうか。

ライター
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング