other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

幸運の手水鉢

門司港駅にある大型の青銅製手洗い器で、現在も鋳造時の形のまま長寿を誇っています。戦時中の金属供出を免れたことから、幸運の手水鉢と呼ばれるようになりました。

■詳細情報
・名称:幸運の手水鉢
・住所:福岡県北九州市門司区西海岸1丁目5−31
・公式サイト:http://www.mojiko.info/spot/jrmojiko.html

 

出征軍馬の水飲み場

photo by pixta

ここは1931年の満州事変以降に日本各地から徴用され、門司港から戦地に送られる馬たちが最後に水を飲んだ場所として知られています。

■詳細情報
・名称:出征軍馬の水飲み場
・住所:福岡県北九州市門司区西海岸1丁目4

 

千畳敷

干潮時には、長さ200m、幅50mにも及ぶ板状の岩盤を見せる千畳敷。見頃は日が落ちる前の4~5時で、頃合いになるとそれまで隠れていた岩肌が徐々に顔を出す、まさに自然の芸術スポットです。

■詳細情報
・名称:千畳敷
・住所:福岡県北九州市若松区
・公式サイト:http://www.city.kitakyushu.lg.jp/wakamatsu/file_0021.html

 

河内貯水池

photo by pixta

河内貯水池は、桜や新緑、紅葉と、季節ごとに美しい景色が楽しめる人造湖です。

池を一周できるサイクリングロードや貯水池に流れ込んでいる川沿いのさんぽ道などが整備されており、市民の憩いの場として親しまれています。

■詳細情報
・名称:河内貯水池
・住所:福岡県北九州市八幡東区河内1丁目
・公式サイト:http://www.gururich-kitaq.com/search/category/detail.php?id=163

 

北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)

人類が誕生するまでに46億年の地球の歴史を丸ごと体験できる超人気スポット。特に恐竜コーナーは充実しています。

スペースワールドにも隣接しているので、一緒に楽しむことができます。何度飽きることがない魅力と迫力があります。

 

■詳細情報
・名称:北九州市立自然史・歴史博物館(いのちのたび博物館)
・住所:福岡県北九州市八幡東区東田2-4-1
・アクセス:JRスペースワールド駅→徒歩5分、北九州都市高速枝光出入口から3分
・営業時間:9~17時(入館は~16時30分)
・定休日:6月下旬の約1週間、年末年始
・電話番号:093-681-1011
・料金:入館 一般500円、高大学生300円、小中学生200円(常設展)
・公式サイトURL:http://www.kmnh.jp/

 

白木谷梅林

北九州市八幡西区の山手にある梅の名所で、北九州の春を告げる風物詩になっています。大きな貯水池を散策しながら、1200本ある30種類もの梅を楽しみましょう。

■詳細情報
・名称:白木谷梅林
・住所:福岡県北九州市八幡西区畑
・アクセス:JR黒崎駅→西鉄バスで、バス停:新石坂下車、徒歩50分/北九州都市高速小嶺出入口から国道211号経由8km10分
・オススメの時期:2月上旬から3月中旬

 

西日本工業倶楽部(旧松本邸)

photo by pixta

安川電機や九州工業大学の設立に関わった事業家、松本健次郎氏が建てた自宅兼学校。明治44年に完成した歴史のある建物です。

国の重要文化財にも指定されています。現在はレストランや結婚式場として人気のスポットとなっています。

■詳細情報
・名称:西日本工業倶楽部(旧松本家住宅)
・住所:戸畑区一枝1-4-33
・アクセス:小倉駅より車で20分/戸畑駅より車で7分/西鉄バス・明治学園前バス停下車徒歩5分
・営業時間:10:00-18:30
・電話番号:093-871-1031
・公式サイトURL:http://www.nkc.or.jp

 

ニッスイパイオニア館

水産会社のニッスイは100年以上前に北九州で生まれました。そのニッスイの歴史とビジョンを知ることができます。

洞海湾沿いにあり、夜は20時までライトアップされていておしゃれです。

■詳細情報
・名称:ニッスイパイオニア館
・住所:北九州市戸畑区銀座2-6-27ニッスイ戸畑ビル1F
・アクセス:JR九州・鹿児島本線戸畑駅(北口)から徒歩10分
・営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
・定休日:日祝日、年末年始
・電話番号:093-884-2042
・料金:無料
・公式サイトURL:http://sangyokanko.com/history/nissui/

 

旧古河鉱業若松ビル

photo by pixta

この界隈は筑豊地方で産出された石炭の積み出し港として栄えたエリアです。日本の近代産業史を現在に伝えている貴重な建物です。

■詳細情報
・名称:旧古河鉱業若松ビル
・住所:北九州市若松区本町1-11-18
・アクセス:JR若松駅より徒歩約5分/若戸渡船若松渡場より徒歩約2分
・営業時間:9:00~17:00
・定休日:火曜、年末年始
・電話番号:093-752-3387
・料金:無料
・公式サイトURL:http://fkw.jpn.org/

 

火野葦平旧居「河伯洞」

九州市若松地区出身の芥川賞作家、火野葦平の生前の家です。

火野葦平の文学的な偉業を知ることができます。市の重要文化財。

■詳細情報
・名称:火野葦平旧居「河伯洞」
・住所:若松区白山1丁目16番18号
・アクセス:JR若松駅より徒歩5分 若戸渡船場より徒歩15分
・営業時間:10:00~16:30
・定休日:月曜日(休日の場合は翌日)、年末年始
・電話番号:093-771-0124
・料金:無料
・公式サイトURL:https://www.city.kitakyushu.lg.jp/shimin/02100263.html
other

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事