ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

こんな行き方もあるの?関西空港へのアクセス方法

Photo by Nitta Hiroshi

「長距離便も復活するようだし、関西空港を利用してみるか」と思っているあなたに、あまり知られていない関西空港へのアクセス方法をお伝えします。

まずは関西空港発の深夜リムジンバスです。深夜リムジンバスが設定されている区間は以下のとおりです。

関西空港第1ターミナル→南海なんば駅・新阪急ホテル(大阪駅前)・ハービス大阪(大阪駅前)

関西空港発の深夜リムジンバスは1時間間隔で運行されます。なおハービス大阪(大阪駅前)発関西空港行きは初バスが3時48分発、終バスが21時43分発なのでご注意ください。

関西空港交通ホームページ:http://www.kate.co.jp

もう一つはMKタクシーです。MKタクシーは神戸~関西空港、京都~関西空港間で運行されます。事前予約制となっており、自宅から乗降するシステムです。なお満席の場合は乗車できません。

料金は神戸・関空便が2,500円~4,000円、京都・関空便が4,300円(早朝・深夜便は4,600円)です。筆者も利用しましたが、自宅から関西空港まで直行するのでとても便利です。参考までに神戸市東灘区から関西空港までは約1時間でした。

MKタクシー(関西空港便)ホームページ:https://shuttle.mk-group.co.jp/index.html

今回は関西空港に関する知られざる情報をお伝えしました。ぜひ関西空港を賢く使って、楽しい海外旅行を楽しんでください。

ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング