ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

韓国旅行にあると便利なもの


photo by shutterstock

圧縮袋

洋服をぎゅっと詰め込むことができる圧縮袋は、100円ショップにも売られています。厚手のセーターやニットなどもぎゅっと圧縮して収納することができるので特に冬場にオススメです。

常備薬

いざというときのために、日本から飲み慣れた薬を持っていくのが良いでしょう。韓国の薬は作用が強めで、日本人の体に合わないことがあります。

1,2日分の頭痛薬、腹痛薬などは持ち合わせておきましょう。

ガイドブック

日本語のガイドブックを現地で調達するのは難しいので、購入して持っていくのがベターです。

重すぎて荷物になるようであれば、今は電子書籍として購入できるので、WiFiが繋がるエリアで購入し、ダウンロードすると良いでしょう。

デジカメと充電器

旅行の思い出作りに写真は欠かせません。充電がなくなって悔しい思いをしないよう、しっかりとチャージしておきましょう。

海外でスマホの充電がなくなりやすいといいますが、それはスマホが移動する度に一生懸命WiFiを拾おうとするので、電気を使うためと言われています。モバイルバッテリーは万が一充電がなくなってしまった時に重宝しますので、一つ持っておくと便利です。

SIMフリーのスマホ

SIMフリーのスマホがあれば、現地携帯会社とすぐに契約できるので便利。

今は各キャリアで購入したスマートフォンもSIMロックが義務付けられたので、今お持ちのスマートフォンも簡単にSIMロックを外すことができます。

レンタルWiFi

レストランやカフェ、ホテルにもフリーWiFiが飛んでいることが多いですが、韓国で仕事をするとなるとまた別の話。仕事ではフリーWiFiを利用すると危険なので、レンタルWiFiを出国前に契約して持って行きましょう。

化粧品

女性の方は化粧品も大切ですよね。現地でも購入できますが、まずは普段から慣れている化粧品を使うのが良いでしょう。

韓国は美容大国なので自分のものを使いつつ、いいものがあれば購入するのも良さそうです。

洗剤

長めの旅行に行くなら、携帯用の洗剤を持っていくのが便利です。

洗濯紐

意外に役立つ洗濯紐。旅先のホテルなどでは干場に困ってしまうことも多いので、1つあると安心です。

折り畳み傘

突然の雨や夏の日差しよけなど、あると便利な折り畳み傘。現地で安価なものを購入するのは手間ですので、持っていくと便利です。

おみやげ用バッグ

おみやげなどで増えてしまった荷物。折り畳みできる袋が1枚あれば、荷物が増えても大丈夫!

飛行機の荷物制限はあらかじめ計算しながら準備しておくと良さそうです。


photo by shutterstock

カイロ

韓国の冬はかなり寒いので、外を出歩く際にはカイロがあれば便利でしょう。

防寒グッズ

冬の韓国に行くなら、マフラーや手袋などの防寒着を忘れずに。

ポリ袋

ちょっとした時に使えるのがポリ袋。ゴミや洗濯物を入れるのに便利です。

ペン

ペンがあれば、飛行機の中で事前に入国書類を書くことができます。スムーズに入国し旅行を満喫しましょう。

電卓

買い物などで必要になってくるレート計算。実は意外と使えます。今はスマートフォンにもデフォルトで入っているので、それを利用しても良さそうです。

メモ帳

無くてもよいけどあると便利なのがメモ帳!筆談などでも使えます。

電気髭剃り

男性の方で、ヒゲの手入れをする方はあると便利かもしれません。電圧が220Vに対応しているかチェックしておきましょう。

日焼け止め

夏の外出時に日焼けが気になる!という方は、必ず使い慣れた日焼け止めを日本から持っていきましょう。

ティッシュ

韓国のティッシュはちょっと大きくて使いにくいので、日本から持っていくのがオススメです。

はみがきセット

現地のホテルでも備え付けてありますが、ホステルやゲストハウスなどには置いていない場合もあるので持参しておきましょう。

カミソリ

ホテルなどで髭剃り用のカミソリはありますが、それ以外の用途で使用する場合には、日本から持参しておくと便利でしょう。

バスアメニティー

シャンプーやリンスなどは現地で購入することもできますが、お気に入りのものがあれば日本から持っていく方が便利です。

寝巻き

ホテルなどではある場合もありますが、使い慣れたものを着用したい場合は持っていきましょう。

スリッパ

ホテルなどには備え付けてありますが、ない宿もありますので持参しておくと便利です。

韓国旅行に必要ないもの


photo by shutterstock

生理用品

韓国でも日本とほぼ同じ品質のものが購入できますが、使い慣れているものがあれば持参しましょう。

ドライヤー

韓国の電圧は220Vになりますので、日本からドライヤーを持参する場合、AC100-240Vと書いてあることを確認してください。

ビザ

韓国は90日以内の旅行であればビザは必要ありません。

韓国へは国内旅行感覚で行けちゃう!

いかがでしたか?日本から短時間のフライトで着く韓国は、週末など期間が短い休日でも行きやすい旅行先ですよね。日本の製品も多いので、何か忘れてしまってもあまり慌てずに済みます。

しかしながら、韓国は電源プラグの形状や電圧などが違うので、電化製品を使うときは注意が必要です。今回ご紹介した記事を参考に、ぜひ、韓国の旅を楽しんでくださいね。

ライター:桃(圧縮袋、レンタルWiFi)

韓国について調べている方に、人気の商品はこちらです

created by Rinker
ヴィアンヌVIANE
¥1,378 (2020/10/20 10:01:58時点 Amazon調べ-詳細)
ライター
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング