ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

第5位 ラトビア

6195085537_e72aafebea_b

photo by Graham

ラトビアはヨーロッパや世界各国の伝統や文化を受け入れ、同時にラトビア固有の文化を育んできました。1991年にソビエト連邦の占領から独立を回復し、来年独立25周年を迎えます。

有名なのが独特なサウナ文化。熱せられた石の上に水をかけて蒸気を立たせ、入浴中は葉がついた枝を束ねたもので肌を叩いてマッサージします。

発汗作用が高く、新陳代謝を促進させる木の枝のマッサージはアロマテラピーの効果もあり、多くの美容効果が得られます。

10314026334_c4f3469697_b
photo by Liga Eglite

美しい自然や歴史的・文化的モニュメントがあることで有名なガウヤ国立公園。ソビエト・ラトビア軍が核戦争に備えて作ったリガトネ秘密掩蔽壕は、歴史好きの人は要チェックです!

第4位 パラオ

2346948493_67b19008d3_b
photo by LuxTonnerre

かつて日本の統治領にもなっていたパラオ。国全体の7割がパラオ人、残りの大半はフィリピン人が占めています。中国・アメリカ・日本からの他民族が移住しています。

6086056454_5e938d2aa0_b
photo by Stefan Krasowski

アジア太平洋戦争末期に激戦が行われたペリリュー島が話題になっています。日本軍が約1万人、アメリカ軍が約1700人犠牲になった楽園の島。

戦後70年、戦地を訪れるツアーも開催されているのでぜひ足を運んでみたらいかがでしょうか。

12391330973_f5fecc9635_b
photo by Mandy

マカラカル島に位置する塩湖、Jellyfish Lake (ジェリーフィッシュレイク)。数百万匹のクラゲが湖を周期的に回遊することで知られています。危険性はなく、気軽にシュノーケリングを楽しむことができます。

第3位 アメリカ

6232722316_cffd69593e_b
photo by Michael McCarthy

世界で初めて国立公園として認定された「イエローストーン公園」。モンタナ州・ワイオミング州・アイダホ州にまたがり総面積は8980㎢で、七色に輝く巨大温泉など特異な自然景観を造り出しています。

2982595969_9af201d9db_o
photo by Chuck Coker

そして第3位のアメリカはロードトリップにうってつけの国でもあります。

沿道にある観光スポット、小さな街のダイナーや好奇心旺盛な地元の人々の出会いは、ロードトリップをより素敵なものにするはずです。映画『テルマ&ルイーズ』のような体験をしてみては?

3003122352_c5f3312d9b_o
photo by Greg Elin

2016年、アメリカ初のアフリカ系大統領であったバラク・オバマ大統領が辞任します。アメリカ初の女性大統領就任によって、新たな歴史が作られるのでしょうか。

第2位 日本

やっときました、日本!日本のどの点が評価されたのでしょうか?サイトにまとめられていた評価点を挙げていきます。

ちょっと…突っ込みどころ満載なんですけど…。

pixta_11912569_S
photo by pixta

動物のカフェ。最近は猫だけではなくヤギやカメ、フクロウカフェも新たにオープンしています。

→日本の評価、そこなんですね!

自動販売機
photo by pixta

街の至る所に自動販売機があり、飲み物以外にも傘やタバコ、缶詰パンやカップラーメンまで販売されています。

→治安が良い日本だからこそ、街にあふれる自動販売機。傘まで売られていることは知らなかった!

5619041129_d58910ba2a_b
photo by Cambridge Brewing Co.

日本の出生率が大幅に低くなっており、赤ちゃん用おむつより大人用おむつの方が売れています。(自動販売機で)

→え、これも自動販売機売られてるの?

3164059182_ab591ca8e8_o
photo by Gorilla Sushi

日本といったらマンガ!トイレットペーパーに使われる紙より、マンガのために使われる紙の方が多い。(驚くことに、両方自動販売機で売られている)

→え、そうなの!というか、結局これも自動販売機ー!

海外の方は日本の自動販売機が大好きなんですね。きちんと、2020年東京オリンピックのことも話題に上がっていました。

第1位 ボツワナ

4020079507_9cfd74fd9e_b
photo by Mathias

堂々の第1位!なんとボツワナ!日本の上がボツワナ!いや、決してボツワナを下に見ている訳ではありませんが、正直ボツワナのイメージがあまり湧きません。

一体どんな国なんでしょう?どのような点が評価されたのでしょう?

2016年に独立50周年を迎える、南部アフリカ内部に位置するボツワナ。

世界で1000番目に世界遺産に登録された「オカバンゴ・デルタ」には様々な野生生物が生息しており、アフリカゾウやサイ、カバやライオンなどの動物も生き残っています。

16901960280_307e83a6a3_b
photo by Alex Zanuccoli

クブ島にある成長の止まったバオバブで神秘を感じてみたり、ツォディオ・ヒルズで男性のロマンを感じたり…ボツワナでしか経験できない魅力が多くあります。

8468804218_fee6cc7e16_b
photo by Jirka Matousek

そして最近話題になっているのが「car park pimping」。アルコールにかかる30%の税金と午前2時までにクラブを閉める取り締まりのために、駐車場をハイジャックして屋外クラブとなってDJが盛り上げています。

まとめ

最近話題となっていること、流行していることなどを中心にランキング付けされているようですね。(日本の評価点は微妙な気がしましたが…)

特に1位のボツワナ!今まであまりイメージが湧かなかったのですが、訪れたい国の一つになりました!ぜひ、興味の湧いた国を調べてみてください。

ロンリープラネット:ベストイントラベル(英語サイト)

ライター
阿部サキソフォン TABIPPO編集部 / ライター

高橋歩さんの「BELIEVE YOUR トリハダ」という言葉に影響を受け、自身も人の心を動かせる仕事をしたいと決心。サックスとジャズへの愛が止められず、メンフィスとニューオーリンズを訪れたことから旅に目覚める。好きなものはお酒といちご。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング