writer

千葉県出身。将棋と筋肉とダイビングと宴を好むシャーロキアン。16年続けたダンスから離れ、何をしていいかわからないから旅を始めた。2018年3月より、「コンセプトがないのがコンセプトの世界一周へ」

この雲を見つけよう!

巻層雲(けんそううん)

photo by shutterstock

月や太陽に薄く覆いかぶさるようにできる雲。見た目はとても美しいのですが、この雲ができたら天気が悪くなる予兆として見れます。主な形は薄く広がる形なのですが、空の気流によって波のような形をすることもあります。

 

巻積雲(けんせきうん)

photo by shutterstock

高い空にまばらに浮かび、はかなくも美しい雲です。太陽の光が当たっても透き通るのが特徴で、雲に影はできません。青い空に一面に広がる雲です。この雲が現れてだんだん範囲が広がると翌日には天気は崩れ始めます。

 

巻雲(けんうん)

photo by shutterstock

巻雲は「巻」が付く雲の中で一番高いところに現れます。晴れ模様が続いた頃に空の高い所に現れる雲です。写真のように鍵のように曲がっていたり、西の空に現れてだんだん空に広がって行く時は1日~2日後に天気は崩れる可能性があります。

 

乱層雲(らんそううん)

photo by shutterstock

この乱層雲こそが雨雲と言われている雲です。雲に詳しくなくても雨が降りそうと思える雲ですよね。この雲は水蒸気が多く含まれているので雨が降る確率が高いです。降る前の見分け方としましては、写真のように雲の下方が灰色になったら要注意だと思ってください。

 

層雲(そううん)

photo by shutterstock

雲海と言われる雲がこの雲です。この雲のおかげで風景が素晴らしくなるとこは多いですよね。私たちが肌で感じれるほど低い位置に発生し、最も低い位置にできる雲です。雨を降らすことこそ少ないですが、だんだんと厚みを増し乱層雲に変化していく可能性があるので注意してください。

 

高層雲(こうそううん)

photo by shutterstock

空一面に広がる薄い雲です。この雲が直接雨を降らすわけだはないですが、多くの場合、乱層雲と一緒に現れます。なので、この雲を見たら、雨が降るのかもしれないという推測ができます。

 

積乱雲(せきらんうん)

photo by shutterstock

雷雲や入道雲ともいわれるこの雲は、急な夕立を降らせたり、雷を落とすこともあります。この雲を見かけたら要注意です!もし真上に現れたものなら即座に避難してください。一番怖いのは落雷です。見つけた場合はゆっくりするか、安全なところにで待機していたほうがいいでしょう。

 

最後に

今日の空どんな空でしょう?これからは旅先で、日常生活で、生きる上で空を見上げるのが楽しみになりませんか?みんなで一緒に雲を見て、明日の天気を予想し合うのも面白そうですよね。

もし旅先で明日の天気をばっちりあてた日には、あの人に聞けば明日に天気がわかる!って話題になってしまうかもしれませんね。ちなみに筆者は雲+臭いで判断しています。皆さんもぜひやってみてください。

writer

千葉県出身。将棋と筋肉とダイビングと宴を好むシャーロキアン。16年続けたダンスから離れ、何をしていいかわからないから旅を始めた。2018年3月より、「コンセプトがないのがコンセプトの世界一周へ」

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング