ライター
Yu Villegas 元パティシエ&日本語教師

娘二人が産まれてからも、旅は引き続き人生の生きがい。格安航空券を見つけては、週末旅に出かける日々。元パティシエ&日本語教師。旅で何よりも楽しみなのは、そこでしか食べられないローカルフードや地元の人々との交流。渡航国数34ヵ国。現在はワーホリ以来12年ぶりにドイツ滞在中。 インスタやブログでも旅情報を発信中。

ごはんがおいしく、治安もよく、美しい街並みを楽しめる国として人気の旅先、ベルギー。公共交通機関が発達しているため、ブリュッセルを拠点に各地を巡る方も多いのではないでしょうか。

今回は、ブリュッセルから電車でわずか20分で行ける美しい街、ルーベンについてお届けします。なんといっても春は藤の花の見ごろ!ぜひ春に訪れてほしい旅先のひとつです。

それでは知られざる美しいルーベンを余すことなくご紹介していきます。

ブリュッセルからわずか20分!ベルギー人が愛する街ルーベン


フランダース地方にある、芸術と学問の都ルーベン。世界最古のカトリック大学があり、中世さながらの美しい街並みと活気あふれる雰囲気が魅力で、じわじわと人気を集めています。

見どころ満載ですが、観光客はあまり訪れない穴場中の穴場。のんびりと地元民に混ざってベルギーの街を散策したい方や、ブリュッセルから日帰り旅をしたい方にぴったりの場所なんです。


フランダース地方には、人気観光地であるブルージュやゲントなど美しい街々が点在していますが、ここルーベンも負けず劣らずの美しさ。しかし国際的な知名度はまだ低く、あまり観光客は訪れないのだそう。

ベルギー人の週末の旅先としては定番中の定番でありながら、知る人ぞ知るベルギーの観光都市なんだとか。


ブリュッセルから電車に揺られること20分で、あっという間にルーベンに到着!駅から街の中心地へ歩いて10分ほどで行け、すべての見どころを徒歩で回れるコンパクトなサイズ感も、日帰り旅としておすすめの理由です。

実は、世界的に有名なベルギービール「ステラ・アルトワ」の発祥地はここルーベン!試飲付きの工場見学ツアーに参加することもできちゃうんです。ビール好きの人にも優しい街、それがルーベンなのです。

藤の花が美しいボタニカルガーデン「Kruidtuin」


ベルギー最古の植物園「Kruidtuin」は、1738年にルーベン大学の医学生がハーブを植えたのがはじまりなんだそう。季節の花々がいつ行っても美しいのですが、ぜひおすすめしたいのは春です。

毎年4~5月は、こちらの植物園の目玉である藤の花が満開になり、本当にうっとりする光景を見ることができます。


園内に入ると、藤の花で彩られた美しい通りが目に飛び込んできます。藤の花の甘い香りに包まれての散策は、旅のつかの間の休息タイムに。園内にはカフェもあるので、コーヒー片手に時間を忘れて、ぜひのんびり楽しんでくださいね。


園内には藤の花以外にも、色とりどりの花が咲き誇っています。私が行った5月は、藤の花の淡い紫とパステルブルーのコントラストが最高に美しく、まるで青い花の絨毯のようでした。

植物だけでなく、鯉やカエルが飼育されている池もあり、子どもも楽しむことができます。ちなみに入園料は無料。時間に余裕のある方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。

■詳細情報
・名称:Kruidtuin
・住所:Kapucijnenvoer 30, 3000 Leuven, Belgien
・地図:
・アクセス:市庁舎から徒歩10分
・営業時間:8:00~17:00
・オススメの時期:4月~5月
・公式サイトURL:https://www.visitleuven.be/kruidtuin

「石のレース」と呼ばれる繊細な彫刻で飾られた市庁舎


街の中心地Grote Marktには、ルーベンのシンボルである市庁舎が佇んでいます。15世紀に建てられたこの市庁舎の見どころは、なんといってもその繊細な彫刻。「石のレース」と呼ばれるこの彫刻、本当に惚れ惚れする美しさで、しばらく呆然と眺めてしまいました。


建物全体には236体もの銅像彫刻が施され、まさに圧巻の一言!夜のライトアップも必見の美しさです。


周辺はカフェやレストランが並ぶ賑やかなエリアなので、天気の良い日はテラス席でのんびり景観を楽しむのもおすすめ。土曜には市庁舎前にマルシェが並ぶそう。こんな美しい広場で開催されるマルシェ……きっと素敵なんだろうなぁと、つい再訪を夢見てしまいます。

■詳細情報
・名称:Historisch Stadhuis van Leuven
・住所:Grote Markt 9, 3000 Leuven, Belgien
・地図:
・アクセス:ルーベン駅から徒歩10分
・公式サイトURL:Bezoek het Leuvense stadhuis (visitleuven.be)

グルメストリートMunt Straatで郷土料理とベルギービールを


レストランやバーが立ち並ぶ「Munt Straat」。ランチやディナー、ビール休憩におすすめのエリアです。道の両側には、ベルギー郷土料理店やチョコレートショップ、ツーリストインフォメーションセンターもあり、お土産探しにも最適。


ランチやディナーにおすすめなのは、Munt Straatから小道に入ったところにある「Domus」というビアレストラン。店内で地ビールを製造しており、フランダース地方のおいしい郷土料理が味わえます。


私たちが行ったときは残念ながらビールの製造途中だそうで注文ができませんでしたが、ベルギー各地の生ビールや瓶ビールのメニューも豊富にあり、テラス席で飲むフルーツビールは最高でした。


こちらはフランダース地方の名物料理の3点セット。真ん中はお店名物のフランダース風ビーフシチューで、こちらのお店で作られたビールで煮込まれたお肉はとろけるほど柔らかく、絶品でした。付け合わせには、ベルギー名物のフリッツ(フライドポテト)をどうぞ♪

■詳細情報
・名称:Domus
・住所:Tiensestraat 8, 3000 Leuven, Belgien
・地図:
・営業時間:火~木は11:00~14:30、17:30~22:00 金土日は11:00~22:00
・定休日:月曜日
・電話番号:+3216201449
・公式サイトURL:https://domusleuven.be/

「世界一長いバー」!?若者が集まるアウデマルクト


前途の市庁舎から歩くこと2分、地元の若者で賑わうOude Marktもルーベンで必見のエリア。フランダース地方特有の美しい建物に囲まれた大きな広場に、レストランやバーが立ち並びます。

それぞれのお店が広場中にテラス席を出していて、常に多くの若者たちで賑わっています。その光景から「世界で一番長いバー」という呼び名もあるほど。


学生たちに交じって、ここはぜひテラス席でベルギービールとフリッツを楽しみたいところ。ベルギー独特の美しい建物に囲まれた広場で飲むビールは一味も二味も違います。

ブリュッセルからのアクセス方法


ルーベン駅までは、ブリュッセル中央駅から快速電車(IC)で直通約20分。15分間隔で電車があるので、本当に気軽に日帰り旅行ができちゃうんです。

また、ブリュッセル空港からも直通電車が出ており、約15分でルーベン駅に着きます。日中は30分間隔で運行しているので空港からもアクセス抜群。

ベルギーの知られざる美都市でリフレッシュ

ベルギー観光の拠点・ブリュッセルからわずか電車で20分で行ける、知られざる美都市ルーベン。ベルギーらしい可愛らしい街並みの中を、ローカル気分でのんびり散策するのは最高のひとときでした。

また、ベルギーの春は各地でフラワーイベントが行われているので、それぞれの街で春ならではの絶景を見ることができます。

春の旅先としていちおしの国・ベルギー。ブリュッセルから足をのばして、ルーベンの春の景色を覗きに行ってみませんか?

All photos by Yu Villegas

ライター
Yu Villegas 元パティシエ&日本語教師

娘二人が産まれてからも、旅は引き続き人生の生きがい。格安航空券を見つけては、週末旅に出かける日々。元パティシエ&日本語教師。旅で何よりも楽しみなのは、そこでしか食べられないローカルフードや地元の人々との交流。渡航国数34ヵ国。現在はワーホリ以来12年ぶりにドイツ滞在中。 インスタやブログでも旅情報を発信中。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧