ライター
愛優 ドイツに恋した自由人

トラブルをできるだけ事前回避するタイプの旅人。 旅行会社に2年間勤務後、フリーランスに転向。 現在は世界を転々としながらライターやフォトグラファーとして活動中。 次はジョージアへ移住予定。 きれいとおいしいとねこが好き。

ルクセンブルクの治安

ルクセンブルクの治安はとてもいいです。世界の平和な国ランキングにランクインしたり、2017年に発表された犯罪の少ない国ランキングにも3位の日本を抑えて2位にランクインしています。ちなみに1位はシンガポール。

他のヨーロッパ諸国同様、スリや置き引きには気を付けてくださいね。

もし、パスポートを紛失したり盗難に遭ってしまった場合は、ルクセンブルクにある日本大使館に行きましょう。

■詳細情報
・名称:在ルクセンブルク日本大使館
・住所:62,Avenue de la Faïencerie, L-1510 Luxembourg,
Grand-Duché de Luxembourg
・アクセス:市バス3番「Henri VII」「Ermesinde」下車 徒歩1分
・営業時間:月曜~金曜 9:00~12:30  14:00~17:30
・定休日:土曜、日曜 及び 祝祭日
・電話番号:+352-464151-1(代表)
・公式サイトURL:https://www.lu.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

ルクセンブルクの物価

物価は日本よりも少し高い印象でした。しかし、ルクセンブルクの通貨が「ユーロ」ということもあり、ドイツやベルギーといった周辺国と比べると同じぐらいの物価でした。

しっかりしたレストランであれば、15〜25ユーロ(日本円で2000円弱~3000円強)かかります。

マクドナルドやサブウェイといったファーストフードチェーン店があったり、ドイツのディスカウントストアが進出していたりするので、そういたお店を利用すると節約できます。

 

ルクセンブルクの美味しかった料理や食べ物

意外と知られていないのですが、ルクセンブルクは国民一人当たりのミシュラン格付けレストラン数が世界一!実は美食の国なのです。

そんなルクセンブルクの郷土料理はベルギー、ドイツ、フランスの料理文化をいいとこどりした、いわば「最強の郷土料理」⁉︎

有名なものだと、「パテ・オ・リースリング(Pate au Riesling)」。豚肉のパテをパイ生地で包んで焼いた料理です。

焼きあがるとパテとパイ生地の間に空間ができるので、そこにリースリングワインのジュレを入れて完成です。なんともおしゃれ…!「ローストポークのソラマメ添え」もおすすめです。

ミシュランの星付きレストランで優雅に食事するもよし。地元の人が通うレストランで郷土料理を食べるもよし。お気に入りのルクセンブルクレストランを探してみてください。

 

ルクセンブルクのナイトライフ

私はドイツから日帰りでルクセンブルクに行ったので、ルクセンブルクで夜を過ごしていないのですが、ヨーロッパの中でも随一の治安を誇るこの国ではナイトライフも他の国よりも安心して楽しむことができます。

宿の近くのパブでお酒を楽しんだり、昼間とは全く違う幻想的な雰囲気を楽しめる夜の街並みを散歩したり…。あなたらしいナイトライフを楽しんでください!

 

ルクセンブルクのお土産

ルクセンブルクのお土産といえば「Oberweis(オーバーワイス)」のチョコレート!

ルクセンブルクで知らない人はいない、老舗のお菓子屋さんです。チョコレートだけでなくマカロンやビスケットなど、洋菓子全般を取り扱っているので、甘いもの好きにはたまりません。

ルクセンブルクの王家御用達なだけあり、見た目にも可愛いお菓子たちが並ぶウィンドウは見ているだけでも幸せな気分になります。

男性陣、日本に残してきた大好きなあの子のお土産におひとついかがですか?

■詳細情報
・名称:Oberweis
・住所:6 Grand-Rue, Luxembourg City 1660, Luxembourg
・営業時間:月~金7:30~18:30、土曜日は7:30~19:00
・電話番号:+352 47 07 03
・公式サイトURL:https://www.oberweis.lu/en

 

ルクセンブルクのビザ

シェンゲン協定加盟国であるルクセンブルクは、6か月以内(うち滞在日数は90日以内)であればビザは不要です。

ルクセンブルク以外のシェンゲン協定加盟国に、過去6か月間で90日以上滞在している場合はこの限りではありませんのでご注意ください!

 

ルクセンブルクの基本情報(首都、通貨、言語、宗教、時間帯など)

首都:ルクセンブルク
通貨:ユーロ
言語:ルクセンブルク語,フランス語,ドイツ語
面積:2,586平方キロメートル
人口:590,667人
宗教:多くがカトリック
時間帯:日本との時差は-7時間
気候:西岸海洋性気候

 

ルクセンブルクへの行き方(日本から行った場合)

日本からの直行便はないため、ヨーロッパ主要都市で乗り継ぎ。

 

ルクセンブルクにある有名な世界遺産

ルクセンブルク市が「その古い街並みと要塞群」として世界遺産に登録されています。街全体が世界遺産だなんて、驚きですね!

 

最後に一言

All photo by Ayu Takayama

周辺の国から日帰りで観光もできるルクセンブルク。この小さな国にはたくさんの魅力が詰まっています。

ヨーロッパにご旅行に行かれる際は、ぜひ旅程に組み込んでみては⁉︎ 絵本の世界に迷い込んだかのような素敵な1日が過ごせますよ!

ライター
愛優 ドイツに恋した自由人

トラブルをできるだけ事前回避するタイプの旅人。 旅行会社に2年間勤務後、フリーランスに転向。 現在は世界を転々としながらライターやフォトグラファーとして活動中。 次はジョージアへ移住予定。 きれいとおいしいとねこが好き。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング