インド洋に浮かぶ不思議な島「マダカスカル」の世界遺産まとめ

Pocket はてブ

この王宮跡は、マダガスカルを最初に統一したメリナ王国のもので、二重の堀と城壁に囲まれており、この城壁は卵白と石のセメントで作られており、卵を1600万個使用されたと言われています。2000年に世界文化遺産に登録されました。

■詳細情報
・名称:アンブヒマンガの丘の王領地
・住所:Ambohitrolomahitsy, マダガスカル
・アクセス:マダガスカルの首都、アンタナナリボ→北に約21km車で1時間弱

アツィナナナの雨林

アツィナナナの雨林 マダカスカル 世界遺産

photo by Bernard DUPONT

アツィナナナの雨林 マダカスカル 世界遺産

photo by Frank Vassen

アツィナナナの雨林 マダカスカル 世界遺産

photo by Frank Vassen

アツィナナナの雨林 マダカスカル 世界遺産

photo by Frank Vassen

マダガスカル島最大のマソアラ国立公園、ラノマファナ国立公園、アンドハヘラ国立公園など6つの国立公園にまたがる雨林群です。

マソアラ国立公園にはマダガスカルヘビなどの固有種が生息し、ラノマファナ国立公園では新種のオオタケキツネザルが保護されるなど、それぞれに特徴を持っています。2007年に世界自然遺産に登録されました。

■詳細情報
・名称:アツィナナナの雨林

バオバブ並木道 / 世界遺産ではない

バオバブ並木道 マダカスカル 世界遺産

photo by Frank Vassen

バオバブ並木道 マダカスカル 世界遺産

photo by plizzba

バオバブ並木道

photo by Frank Vassen

モロンダバ郊外に続く小道に、巨大なバオバブの木が立ち並んでいます。バオバブの並木道と呼ばれるこの道の周りには牧草地が広がり、のどかな光景の中に圧倒的な存在感を持つ巨木が何本も続き、その景色は圧巻です。

高さはおよそ20メートル、直径は10メートルほどもあるバオバブの樹齢は数千年とも言われ、まさに神秘の木です。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。大自然に囲まれ、固有種と出会える機会が多いマダガスカルでは、保護区内に宿泊することも可能です。10月から3月は雨季で歩くのが大変になるため、雨季を避けて旅行されることをおすすめします!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

前田塁
TABIPPO.NET編集長
慶應義塾大学商学部卒。大阪ガス、オプトを経てTABIPPOを立ち上げました。サーバー、コード、コンテンツ、マネタイズまでを担当するフルスタック編集長です。ツイートは旅行とテクノロジーと宇宙が多め。…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

アフリカのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品