ヒマラヤ
writer

絶景大好き!旅大好き!!な写真家。1年以上をかけて世界一周し、約40カ国を訪問。フリーフォトグラファーとして皆さんが旅したい!という気持ちになるような写真と記事をお届けできるよう頑張ります。 世界の絶景はこちらから↓ http://yukiueda0225.wix.com/photographyportfol

photo by Yuki Ueda

そして2018年秋、向かったのがネパールのアマ・ダブラム。標高6856m、ヒマラヤで最も美しく、エベレストよりも登るのが難しいと言われる山です。

気温は-25℃、酸素は地上の半分もないという環境で、切り立った氷壁を登りながらの撮影は想像を絶する旅でした。まともに呼吸もできず、凍った指で意識が半分ないままシャッターを切る。1枚の写真を撮ることさえ困難な世界です。

photo by Yuki Ueda

1ヶ月半の遠征の末、満身創痍でしたがなんとか登頂でき、見たこともないような厳しくも美しい風景を多くの人に届けることができたと思っています。

 

さらに未知の世界を求めて!標高8000mの世界への挑戦

アマ・ダブラム登頂に成功して、新たに見えてきたさらなる超高所の風景。世界に14座しかない標高8000m峰の風景はきっと多くの人たちにとってさらに想像もできないものになるのではないか、そう考えた僕が次に挑むのは…

 

2019年9月、標高世界8位8163mのマナスル!

2019年9月、標高世界8位8163mのマナスル!

photo by pixta

標高8000mの世界。あらゆる生物が生存することすら許されない世界。
想像もできないほど厳しいこの世界にはいまだにほとんど写真家が立ち入っていません。

宇宙が目の前にまで迫った夜空にはどれほどの星が輝いているのでしょうか?生存が許されない氷の世界や7000mという山でさえ見下ろせる場所にはどんな風景が広がっているのでしょうか?

見てみたい、体感したい、多くの人の心に響く美しい世界を届けたい。

photo by Yuki Ueda

地球上には知られることもなく終わっていく風景がまだまだ溢れています。多くの人にとって標高8000mの世界を知ることは生きていくうえで必ず必要なものではないでしょう。

しかし、そんな見たことのない、想像を超えた風景との出会いは好奇心や想像力という豊かさを人生に与えてくれます。そして、ほとんどの人が行くことができない世界に代わりに行き、伝えていくことが写真家としての僕の使命だと思っています。

そんなマナスル登頂を実現すべるために、CAMPFIREにてクラウドファンディングを行っております!この挑戦への僕の想いも書いているのでぜひプロジェクトページを見てもらえると嬉しいです。

きっと驚きに溢れ、新しいことに挑戦したくなるようなワクワクする写真をお届けします!

応援よろしくお願いします!

 

僕のinstagramからも絶景をどうぞ!

https://www.instagram.com/photographer_yukiueda/

writer

絶景大好き!旅大好き!!な写真家。1年以上をかけて世界一周し、約40カ国を訪問。フリーフォトグラファーとして皆さんが旅したい!という気持ちになるような写真と記事をお届けできるよう頑張ります。 世界の絶景はこちらから↓ http://yukiueda0225.wix.com/photographyportfol

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング