ライター
ちばっち&りさ ハネムーンマラソン

開発コンサルタントとしてODA業務に関わった後、自然派ダイニングを経営するちばっち。 出版社に就職し、編集部に所属した後、フリーライターへ。走ることが趣味のりさ。りさに巻き込まれ二人の趣味となった「マラソン」。2016年に新婚旅行で、各国のマラソン大会に出場しながら世界一周に出る「ハネムーンマラソン」のちばっち&りさです。

cambodiarisa3

photo by Risa

いざ、大会へ!

朝5時頃ホテルを出発する頃はまだ外も暗く肌寒さを感じますが、スタート時間が近づくに連れ徐々に陽が昇り気温も上がってきます。

スタートする頃は走るのにちょうど良いコンディションになります。スタートラインに立つと世界各国から、世界遺産であるアンコールワットを走ろうと多くのランナーが集まっているので気持ちも高ぶってきます。いよいよスタート。道は舗装されており、走りやすいコースでした。

cambodiarisa

photo by Risa

コースはタ・プロム、バイヨンやアンコールトムなど次から次へと出てくる遺跡群は圧巻。川の上にかかる木の橋を渡るのも貴重な体験。

コース上には地元の人々も応援に出てきてくれるので普通の観光では味わえない地元民の方々とのハイタッチでのコミュニケーションを!

カンボジアハイタッチ

photo by Risa

二つ目の門、南大門をくぐるとゴールは目前!ラストスパートで駆け抜けよう!

 cambodiaRisa2

photo by Risa

 

無事に完走!大会後は?

大会後はシェムリアップにある高級ホテルでランチを楽しんだり、ご褒美にマッサージを予約しておくのもおすすめです。

シェムリアップの中心街での買い物や観光もいいですが、飛行機に乗って首都プノンペンまで足を伸ばし、急成長しているカンボジアの様子を見るのもいいですね。

 

せっかく日本から来たので博物館などをまわり、カンボジアを語る上で欠かせないカンボジアの歴史を知っておくのも一つです。

11204398_10207716022080224_3043540697977782853_n

photo by pixaby

 

まとめ

近年、若者を中心に人気が高まっているカンボジア。マラソン中は子供達に給水してもらったりと、観光では味わえない体験があります!機会があれば是非参加してみてください。

ライター
ちばっち&りさ ハネムーンマラソン

開発コンサルタントとしてODA業務に関わった後、自然派ダイニングを経営するちばっち。 出版社に就職し、編集部に所属した後、フリーライターへ。走ることが趣味のりさ。りさに巻き込まれ二人の趣味となった「マラソン」。2016年に新婚旅行で、各国のマラソン大会に出場しながら世界一周に出る「ハネムーンマラソン」のちばっち&りさです。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング