マウイ島
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

;

ハレアカラ火山

ハレアカラ火山

マウイ島のシンボルであり、ハワイ語で「太陽の家」という名を持つ「ハレアカラ火山」。高さ3055メートルの山頂や山腹からは、美しいマウイを一望できます。

またカルデラの内部には複数の噴石丘があり、何十万年もの歳月をかけて風化し形成されたと言われる自然の芸術は、他では絶対に感じることのできない独特な魅力を放っています。

■詳細情報
・名称:ハレアカラ火山
・住所:Haleakala National Park Makawao P.O.Box 369, Haleakala National Park, Maui
・マップ:
・電話番号:+1 808-572-4400
・料金: 車1台につき入園時に10US(3日パス)ドル、商業車は乗車人数による。シニア無期限パス10USドル
・公式サイトURL:www.nps.gov/hale/index.html

 

ハレアカラ国立公園

ハレアカラ国立公園

南から東の海岸線に広がる「ハレアカラ国立公園」は、マウイ島の名前の由来ともなった「半神マウイ」の伝説が残る、自然豊かな公園として知られています。

休火山のハレアカラ火山を中心とした、マウイ島の自然を堪能できる場所として、毎年多くの観光客がここを訪れています。

■詳細情報
・名称:ハレアカラ国立公園
・住所:Haleakala National Park, Maui
・マップ:
・電話番号:+1 808-572-4400
・料金: ※車1台につき15USドル、または徒歩や自転車は1名8USドル
・公式サイトURL:www.nps.gov/hale/index.html

 

モロキニ島

モロキニ島はマウイ島の南東に位置する無人島で、上空から見ると三日月の形をしている小さな島。島の周辺の海は透明度が抜群で、スノーケリングやダイビングをするにはもってこいの場所です。

色鮮やかなトロピカルフィッシュやサンゴが多く生息し、運が良ければウミガメに出会えます。マウイ島に来たら必ず訪れたい場所のひとつです。

■詳細情報
・名称:モロキニ島
・住所:Molokini Is Kihei, Maui
・アクセス:通常は現地ツアー参加
・マップ:

・営業時間:ツアー会社による
・定休日:ツアー会社による
・電話番号:ツアー会社による
・料金:ツアー会社による

 

ハウオラの石

一見ただの石に見えるかもしれませんが、この椅子のような形をした石はHauola Stone(ハウオラの石)と呼ばれ、古代ハワイの神聖な場所と考えられていました。

Hauola(ハウオラ)とは「長寿」や「健康」という意味があり、ハワイ王朝の女性はこの場所でお産をしたり、病気の人が回復を祈って海水を浴びた場所とも言われています。ラハイナ港の近くにあり、マウイ島の有名なパワースポットです。

■詳細情報
・名称:ハウオラの石
・住所:North Pacific Ocean, Lahaina
・アクセス:ラハイナ港から約3分
・マップ:

・営業時間:見学自由
・定休日:見学自由
・料金:見学無料

 

マウイ・トロピカル・プランテーション

Mel Rossさん(@melross9832)がシェアした投稿 – 2017 6月 12 12:56午後 PDT

1984年創業のマウイ・トロピカル・プランテーションは約60エーカーという広大な土地に、島名産のパイナップルをはじめ様々な農作物を栽培しています。敷地内から見える渓谷の美しい風景は必見です。

人気のトロピカルトラムツアーは10:00~16:00まで毎時00分にスタートし、1日7回の出発。農園内をトラムに乗りながら、熱帯植物や果物などを楽しく観察できます。その他お土産物の売店やレストラン、カフェなどもあるのでお土産を買ったり休憩をしたりもできますよ。

■詳細情報
・名称:マウイ・トロピカル・プランテーション
・住所:1670 HONOAPI’ILANI HWY WAIKAPU
・アクセス:カフルイ空港から車で約20分
・マップ:

・営業時間:農園09:00~17:00、レストラン11:00~21:00
・定休日:年中無休
・電話番号:+1 808-244-7643
・料金:入園無料、トロピカルトラムツアー大人20USドル、こども10USドル
・公式サイトURL:http://mauitropicalplantation.com/

 

マウイ・オーシャン・センター

マウイ・オーシャン・センターは、小規模ながらもハワイの近海を中心とした海洋生物が60種類以上飼育されている水族館です。アメリカの人気水族館のベスト25にも選ばれています。

中でも面白いイベントが、夜の水族館を体験できる「LEEP WITH THE SHARKS」(日にち限定)。夜になると海洋生物はどのような行動をするのかを見ることができます。夜の水族館を体験することなんてめったにできないので、開催日は公式サイトで要チェック!

■詳細情報
・名称:マウイ・オーシャン・センター
・住所:192 Ma’alaea Rd Wailuku
・アクセス:カフルイ空港から車で約20分
・マップ:

・営業時間:09:00~17:00(最終入場16:30)
・定休日:年中無休
・電話番号:+1 808-270-7000
・料金:大人27.95USドル、こども19.95USドル、シニア24.95USドル
・公式サイトURL:http://mauioceancenter.com/

 

マウイ・ワイン

あまりイメージがないですが、マウイ島にもワイナリーがあります。マウイ・ワインは1974年創業。パイナップルワインが特に人気なので、お土産に購入してはいかがでしょう。マウイ産のワインは珍しいと思いますよ。

試飲は営業時間内で無料ですることができ、そのほか無料のワイナリー見学ツアーは毎日10:30~または13:30~からスタートします。ツアーは30分ほどで敷地内やワイナリーの歴史、ワイン造りの工程などの説明が受けられます。

■詳細情報
・名称:マウイ・ワイン
・住所:14815 Piilani Highway, Kula
・アクセス:カフルイ空港から車で約45分
・マップ:

・営業時間:10:00~17:30
・定休日:1月1日、イースター、独立記念日、レイバー・デー、感謝祭、12月25日
・電話番号:+1 808 878-6058
・料金:無料(別途有料ツアーあり)※試飲希望の場合は21歳以上を証明できる証明書を要持参
・公式サイトURL:https://mauiwine.com/

 

リゾートと自然が共存する島

いかがでしたでしょうか?誰もが憧れるようなリゾート地と自然が共存する、とても魅力的な島・マウイ島。

ゆっくりとした時間を過ごすのにぴったりの場所ですね。温暖な気候なので、身も心も自然と癒されていきそうです。皆さんが、マウイ島で素敵な時間を過ごせますように☆

 

マウイ島の観光スポットについて調べている方に、人気の商品はこちらです

 

 

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング