ライター
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

行き方、レンタサイクル

MaipuへもLujan de Cuyoへも、メンドーサのツーリストインフォメーションで行き方を詳しく説明してもらえます。また現地の地図も貰えるので、まずはツーリストインフォメーションに行きましょう。

ツーリストインフォメーションの場所

ここでも行き方を簡単に紹介しておきます。ただし2018年1月時点の情報なので、行く前に確認してくださいね。

 

Maipuへの行き方

Maipuへは、メンドーサの中心地からローカルバスで約50分です。ローカルバスに乗るためには、RED BUSというスイカのようなチャージ式のバスカードを購入する必要があります。

コンビニのような小さい商店でRED BUSという看板があるお店に売っています。バスカード代が19ペソ、Maipuへ片道10.80ペソでした。

MaipuのCoquimbite(コキンビート)という地区に、上述のワイナリーがあり、Group 10の171、172、173番のバスで行くことができます。

乗車時にドライバーに「コキンビートのミスターヒューゴのレンタルバイクで降りる」と伝えると、近くで声をかけてくれました。

 

Maipuのレンタサイクル屋

上記のとおりバスを降りると、レンタサイクル屋が数件あります。好みのお店で借りればいいでしょう。私はMR.HUGO RENTAL BIKEで借りました。

営業時間は10~19時(夏季以外はもっと短いかもしれません)で、一日150ペソでした。

 

Lujan de Cuyoへの行き方

Lujan de Cuyoへは長距離バスターミナルから行きます。バス会社はCATAかMitreです。CATAは窓口でチケットを買えました。乗車時に支払うこともできます。Mitreは乗車時のみです。

いずれも片道21ペソでした。RED BUSカードは使えないので要注意。乗車時間は30分~1時間です。

 

ワインが好きで好きでたまらないあなたは


All photo by ほさかまき

メンドーサではなくMaipuに宿泊することも可能です。Maipuの中心地でもいいですが、ワイナリーが点在するCoquimbitoに泊まり、数日間かけてワイナリー巡りを楽しむという方法もあります。

自分のペースで楽しめる、メンドーサのワイナリー巡り。是非あなたも至福の時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

\オトナフォトジェンヌほさかまきの世界一周連載はこちらから!/

ライター
ほさかまき 「世界一周ひとり旅」経験者

理系の国立大学院を卒業後、11年間勤めた企業を退職し、2017年2月に世界一周開始。30代半ばにして突如世界一周を思い立つ。社会人になってから毎年有給休暇で海外旅行をしていたが、バックパッカーは初めて。東京生まれ東京育ちのため、のどかな田園風景に憧れる。衰えつつある体力と戦いながら、趣味の写真撮影を楽しめるよう、のんびり旅します。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング