writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

 

お得な情報が得られることも!

P6252890
Photo by 新田浩之

ショップやレストランに行き、ただ買うだけ、ただ食べるだけだとあまりにももったいない!ぜひ、その店の店員やオーナーと話してみましょう。誰も知らないような観光スポットを知ることができることも。

 

お店によっては、その国のビジネスセンター的な役割を担っていることもあります。例えば、その国に関する仕事関係の話をオーナーと相談し、オーナーが人を紹介してくれたおかげでビジネスが成功したという事例もあるようです。

またマイナーな国ですと、大使さんがそのショップ、レストランに訪れることもよくあります。お店を媒体にしてビジネスを発展させることもできるのです!

 

レストラン・ショップを訪れた後、あなたがすべきこと

おそらく営業職を経験した方なら分かると思いますが、レストランやショップでお世話になったら、その日のうちに感謝のメールを送ることをオススメします。そこから、旅行を超えた新たな魅力的な人脈ができるはず。やっぱり、ひとりで楽しみよりも大勢で楽しんだ方がいいですからね。

このように、マイナーな国の情報収集はとにかく足で稼ぐこと。そうすると、旅に深みができ、さらに交友関係が広がります。

もちろん、いつも成功するわけではありませんが、私はこのようにして、地道に情報を収集しています。機会がありましたら、ぜひ実践してみましょう。

writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事