ライター

グローバルに活躍すべく、米国公認会計士を取得。世界中のディズニーパークを制覇しました。おしゃれホテル、かわいいもの、ローカルスーパー大好き。弾丸旅行が好きで長旅でもつい予定を詰め込んでしまうタイプです。 「つめこみトラベラー」という旅行記ブログを運営中。YouTubeで旅行vlogも始めました。

モナコの物価

モナコの物価は高めです。特にカジノの集中するモンテカルロのレストランは高めなので、モナコ宮殿近くのエリアのカフェなどで食事をした方がお金はセーブできると、ツアーガイドからアドバイスされました。

物価が高いといってもモナコにもスーパーはあります。特に人気なのはフランス系列のスーパー「カルフール」で、スーパーを利用すると安く買い物することができます。

ホテル代が高く、特にF1などのイベント開催時は何十万という価格に高騰するため、ニースなどの近郊都市に滞在する観光客がほとんどです。

 

モナコの美味しかった料理や食べ物

フランスとイタリアに囲まれた国なので、フレンチやイタリアンのお店が多いです。日本にも店舗があって人気のシェフ、アラン・デュカスや、ジョエルロブションのレストランなどがモナコにもあります。

また、フランスの隣国なだけあってスイーツもハイレベル。海洋博物館の近くにあるショコラティエはカフェスペースもあり、チョコの試食をしましたがとろけるような美味しさでした。

 

モナコのエンターテイメントやアクティビティ

毎年5月末に行われるF1のモナコグランプリの時期は、街にもっとも人が集まる時期。人口3万人に対しておよそ20万人が街を訪れ、とても賑わいます。

また、テニスのモンテカルロ・マスターズには日本の錦織圭選手などトップ選手が出場することで毎年恒例の人気行事。

地中海沿岸のため夏場はビーチも大人気。モナコにあるビーチはホテル所有のプライベートビーチが大半となりますが、北東部にあるラルヴォット・ビーチはパブリックビーチとなるため、一般観光客でも楽しめます。

 

モナコのナイトライフ

モナコのナイトライフといえばカジノ!ドレスアップして入場し、ゴージャスな空間で雰囲気を味わうだけでも楽しめます。

最高級であるグランカジノの他に、同じくモンテカルロにあるカフェ・ド・パリのカジノも観光客に人気。より気軽に楽しむことができます。

また、モンテカルロを中心にパブやバー、クラブは街中に多数あるので、夜明けまで遊ぶことができます。

 

モナコのお土産

モナコ王室御用達のチョコレート屋「ショコラトリー・ド・モナコ」が人気のようでした。場所は大公宮殿や海洋博物館の近くです。

土産物屋は街中を歩いていると多数見かけます。男性にはF1グッズなどいかがでしょうか。

 

モナコのビザ

モナコはEU圏(シェンゲン領域)にあり、日本から観光で90日以内の短期滞在する場合ビザは不要です。ちなみに、観光案内所に行くと無料でパスポートにスタンプを押してくれます。

 

モナコの基本情報(首都、通貨、言語、宗教、時間帯など)

首都:モナコ市
通貨:ユーロ
言語:フランス語
面積:2.02平方キロメートル
人口:38,400人
宗教:カトリック
時間帯:日本との時差は-7時間
気候:地中海式気候

 

モナコへの行き方(日本から行った場合)

日本からの直行便はないため、ヨーロッパの都市で乗り継ぎ。

 

モナコにある有名な世界遺産

2018年8月現在、登録されている世界遺産はありません。

 

最後に一言

モナコはとてもコンパクトで観光しやすい国です。また近くにはフランスのニースの他、マントンやエズ、ヴィルフランシュといった魅力的な街がたくさんあるので、モナコを含めて南仏〜イタリアの地中海沿岸を巡ると美しい景色をたくさん見ることができるでしょう。

ライター

グローバルに活躍すべく、米国公認会計士を取得。世界中のディズニーパークを制覇しました。おしゃれホテル、かわいいもの、ローカルスーパー大好き。弾丸旅行が好きで長旅でもつい予定を詰め込んでしまうタイプです。 「つめこみトラベラー」という旅行記ブログを運営中。YouTubeで旅行vlogも始めました。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング