ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

モロッコで自然を満喫

聞こえてくるのはラクダの足音と風の音だけ「サハラ砂漠」で静寂の時間を過ごしたい


photo by Takuji Nomura
ラクダに乗ってサハラ砂漠へ。気温50℃を超す灼熱の光線の下、体中の水分という水分を奪われながらも、目の前にぼんやりと見えるのは、まるで水のように流れゆく黄金の砂。はるか先まで続くでこぼこの砂丘はゆるやかなアーチを描きながら、刻一刻とその姿を変えていく。そして、その上を歩くラクダが一列に連なった光景もまた絶景。足とお尻の痛みに耐えながらもゆっくりと歩みを進めていると、気づけば空に散らばる数え切れない星々。静寂の夜、砂漠に落ちてゆく星を見ながら、あなたならどんな願いごとを唱えるだろう?

モロッコの動物を見てみたい


photo by ①Satoshi Mashito ②Yavuz Sariyildiz/Shutterstock.com

①シャウエンで猫探し

実は猫好きにとっての天国! 絵本のような青一色の町を背景に、素敵な猫写真を大量生産したい。

②ヤギのなる木アルガンツリー

なんとも不思議な光景。木の実を食べようと木に登り、枝に鈴なりになったヤギたちの姿を見たい。

モロッコの文化・歴史を学ぶ


photo by ①Sarasa Suzuki ②Maki Hosaka

①グナワを聞いてトランス状態

迷宮都市・フェズで聞ける、伝統的な音楽。神秘の音色を聴いてトランス状態に陥ってみたい。

②スーク・ダッバーギーン

フェズ川のほとりにある、なめし革の職人街。昔から変わらない、足で踏んで染色する様子に密着したい。

「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」をチェック!

本記事の内容は、PAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されています。地球上にある絶景、秘境、グルメ、 非日常…が2,000個ズラリと並んでいます。ページ数は496Pにもおよび、掲載国数は日本のガイド本史上最多の186ヵ国!

次に旅行の予定がある人にとって参考になることはもちろん、めくるだけでも旅へのワクワクが止まらなくなるはずです。TABIPPOの自信作、ぜひ手にとってみてくださいね!

ライター
桃(Momo) TABIPPO編集部 / フリーライター

書く人・エッセイスト。アメリカ・イギリスでの短期語学留学、ヨーロッパ鉄道周遊ひとり旅など経て、新卒でベンチャーの旅行会社に就職。現在は複数メディアにてフリーのライター兼編集者。趣味は英語で、映画は洋画を中心に年間150本を鑑賞。渡航国数は23ヶ国。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング