ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

ミャンマーの屋台料理を堪能しよう!!

IMG_20741

photo by sho

ミャンマーでは気軽に食べれる屋台料理があります。レストラン等での食事に飽きたら屋台料理を楽しんでみるのも良いでしょう。

串揚げや煮込み料理等さまざまな屋台料理を各地で味わうことができますが、僕のオススメは“アメターカウッソエピョッ”という牛もつが入ったスープです。

ミャンマー料理は比較的油っこいものが多く、お腹を壊しがちになります。そんな時はこのスープが癒してくれます。是非ミャンマー屋台でミャンマー料理を味わってみましょう。

ミャンマーカレーを味わおう!!

IMG_2312

photo by sho

カレーを食べる国は多々ありますが、ミャンマーのカレーは他の国のカレーと少し違っています。辛さはほとんどなく、辛いものが苦手な方でも食べることができます。

牛肉・鶏肉・野菜等もありますが、羊肉のカレーが僕のオススメです。羊肉は一般的には独特の匂いがあり苦手な人も少なくありませんが、ミャンマーカレーの羊肉には臭みがほとんどありません。

 

またレストランでカレーを頼むとスープや副菜、そして野菜の盛り合わせが付いてくることがほとんどです。

カレーをライスにのせて日本風に食べるのもよし、野菜にカレーをつけて食べるのもよし、副菜と一緒に混ぜるのもよし。いろんな種類のミャンマーカレーを食べてお気に入りを見つけてください。

ただし、カレーは非常に油っぽいです。カレーの上に油が浮かんでいるのが見えるほどです。食べ過ぎるとお腹を壊してしまう事がありますので気をつけてください。

生ビールを楽しもう!!

IMG_1865

photo by sho

実はミャンマーのビールは世界で賞をとるほど有名なんです。レストランではもちろんですが、街中には生ビールを提供しているお店が多々あり、オープンテラスでミャンマーの景色を見ながらビールを飲む事ができます。

苦味が少なく、さっぱりとした味わいのミャンマービールは気がつくと2杯、3杯とどんどん飲んでしまうほど飲みやすいのが特徴です。

しかも中ジョッキ一杯が100円以下で飲めてしまうんです。旅の予算を心配し、お酒を控えている皆さん。ミャンマーで美味しいビールを今まで我慢していた分飲んでください!!

ミャンマー人と友達になろう!!

IMG_1882photo by sho

ミャンマー人はものすごくフレンドリーな方が多く、旅人の間でもミャンマー人の優しさは有名なほどです。

タイやカンボジア、ベトナム等と比べると英語を話せる方がミャンマーは非常に多く、コミュニケーションを取りやすいというのも特徴です。

 

ミャンマーで暮らしている彼らだからこそ知っている穴場スポットなどにも連れて行ってくれ、皆さんの旅の楽しさを倍増させてくれるはずです。

ミャンマー人はシャイな方が多いイメージですが、一度仲良くなるとお家へ招待してくれたり、家族同然のように接してくれます。

僕は数日間ミャンマー人の家庭を訪れ、とても素敵な思い出を作る事ができました。きっと良い出会いがミャンマーにはたくさんあると思いますので、積極的にミャンマー人と話してみてください。

次の旅先はミャンマーに決まり!!

いかがでしたか?ミャンマーに行きたくてうずうずされているんではないでしょうか?今回は僕が訪れ実際にした事や味わったものばかりを紹介させていただきましたが、ミャンマーにはまだまだたくさんの魅力があります。

バガンで気球にのってみたり、現地の方がつけている“タナカ”と呼ばれる日焼け止めを塗ってみるのも良いでしょう。是非皆さんのルートにミャンマーを加えてみてください。きっとミャンマーの事を好きになるに違いありません。

↓↓世界一周ブログ「旅丸」で色んな国の旅情報を見たい方はこちらから↓↓

shoblog

ライター
旅丸sho 旅する経営者

2013年より世界一周を開始。2年で帰国し社会復帰の予定が旅を終えることができず現在7年目に突入。ブロガー、ライターを経て旅の途中にBackpackers Productionの経営に参画する。今年ジョージアにて起業。『旅人が増えれば、世界が変わる』を理念に旅人育成企画“タビイク”を開催する。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング