writer
Napsy 踊る旅人フォトグラファー

オランダと日本に拠点を持つ、アートディレクター/ フォトグラファー。 趣味は、世界の酒と牡蠣めぐり、Salsa,Swing,Kizomba のダンスを通じ て夜遊びとフェス参り(EDM も)。 心の故郷はセネガル。 特技は居候とご飯に招待される事 in the world! 

地元の人に混ざってお祭りの音楽と踊りを楽しもう!


photo by Napsy

ステージでのパフォーマンスがメインイベントのお祭りも!この時は、お祭りの最中に1時間停電で真っ暗!という自体になりステージが危ぶまれましたが、なんとか電力復活。

ユニクロダウンが私です。見渡す限りの集まった少数民族の人々!そして人の目線を見てください。みんなステージより私に注目してしまうくらい目立っています。

このお祭りで私が見かけた外国人は、自分とその連れだけでした。家族連れが多く、私も1つのファミリーに混ぜてもらいステージを楽しみました。

信仰のせいなのか、皆ハイになりすぎることなく大人しく見ています。危険を感じることは全くありませんでした。(もちろん帰りのタクシードライバーは待たせてあります!)

ステージは伝統芸能のダンスもあり、アイドルやイケメン風のポップスターもあり、コメディアンもいたりして、かなり盛りだくさん!

TVでも有名な芸能人もいるそうです。観客の湧き方で人気がわかります。


photo by Napsy

シャイなミャンマー人も、お祭りの時はフレンドリーに話しかけてくれました。もちろん通じませんが、心は案外通じます!こちらはずっと気を使ってくれた家族のおばあちゃん。

 

ミャンマーのローカルお祭り検索に使えるサイト!


photo by Napsy

以下二つが、私が参考にしたお祭りの情報サイトです。信頼できるサイトを見分ける方法は、その年の情報だという事が明確にわかること!

あとは、一つの情報だけを信用しすぎないことです。

http://myanmartravelinformation.com/about-myanmar/myanmar-festivals.html
https://www.reisen-myanmar.net/de/traditionelle-feste-myanmar-im-jahr-2018

 

宿や観光センター、ドライバーなど複数人にお祭り情報を確認を!

photo by Napsy

サイトにあったからって、最初から田舎町を目指すのは危険。ネットの情報はだいたいその期間、というイメージでいましょう。私は自分の観光したい場所を決め、たまたまタイミングが合った場所へ行きます。わざわざ遠くまでお祭りのために移動して、やっていないのはショックなので……。

祭りの情報はごく近くのエリアの人しか知りません。観光客向けではないので、観光センターの人も知らない可能性があります。

例え一人があると言っても、それが間違っている可能性もあります。例え一人がないと言っても、ある可能性があります。せめて二人以上には確認を。

「この辺でお祭りある?」ではなく、「○○で今日お祭りがあるって書いてきいたんだけど本当?」と聞きましょう。

 

運とリサーチ力で!ミャンマーのローカル祭りを見つけてみて!


photo by Napsy

■私が行った二カ所のお祭り情報
川を渡る寺院の豊作を祈る ローカル祭り
・名称:Shwe Sar-Yan Pagoda Festival
・住所:Shwe Sar Yan Village, Pathein Gyi Township
・アクセス:Mandalayからバイクタクシーで30分
・オススメの時期:2月〜3月の間、旧暦のカレンダーによる

洞窟寺院とステージパフォーマンスが見れる ローカル祭り
・名称:PINDAYA CAVE FESTIVAL
・住所:Pindaya cave
・アクセス:Kalawからタクシーで45分
・オススメの時期:2月〜3月の間、旧暦のカレンダーによる

writer
Napsy 踊る旅人フォトグラファー

オランダと日本に拠点を持つ、アートディレクター/ フォトグラファー。 趣味は、世界の酒と牡蠣めぐり、Salsa,Swing,Kizomba のダンスを通じ て夜遊びとフェス参り(EDM も)。 心の故郷はセネガル。 特技は居候とご飯に招待される事 in the world! 

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング