ライター
奥山 舞 夢は古着屋のバイヤー

高校生の頃にダイビングのライセンスを取得したことをきっかけに沖縄にどっぷりハマり、高校卒業後は進学せずに沖縄へ。今年はラストティーンなのでたくさん旅に出ようと思います。将来の夢は古着屋のバイヤーになること。

ただ、珊瑚や貝殻などから出来ているだけあって素足で歩くとちょっと痛いので、サンダルは必需品です。

また、ナガンヌ島には毎年6月下旬〜9月にかけてウミガメが産卵のためにやってくるので、運が良ければウミガメの赤ちゃんに会えるかも!?さらに、腰くらいの浅瀬でも運が良ければクマノミに会えることもあるそう。

 

日帰りツアーもあるよ!

photo by Mai Okuyama

船の乗船料や、施設使用料などが全てセットになった海水浴のツアーはもちろんですが、シュノーケリングや、体験ダイビングがセットになったプランもあります。また、泳ぎが苦手な人でも水中散歩を楽しむことができるオーシャンウォークや、冬にはザトウクジラがやってくるので、1月〜3月まではホエールウォッチングのツアーも開催しています。

1月〜3月は宿泊はできませんが、海が一番澄んで綺麗になる時期です。夏に比べ少し寒く感じるかもしれませんがこの時期もオススメです。

さらに半日ツアーも開催しているため、午後の予定があっても大丈夫。最短3時間で島を満喫することだって可能です。

 

最後に

いかがでしたか?離島まで足を延ばすとなると、宿泊が必要になったりと日数も確保しなければなりません。ですが、こんなにも美しい島が、那覇から20分で行けてしまうのです。

あなたも行ってみたくなったのではないでしょうか?次に沖縄へ訪れる際は、是非ナガンヌ島へ行ってみてください。

ライター
奥山 舞 夢は古着屋のバイヤー

高校生の頃にダイビングのライセンスを取得したことをきっかけに沖縄にどっぷりハマり、高校卒業後は進学せずに沖縄へ。今年はラストティーンなのでたくさん旅に出ようと思います。将来の夢は古着屋のバイヤーになること。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング