tabippo
小倉 茄菜 TABIPPO / デザイナー

海と写真が好きなデザイナー。桑沢デザイン研究所在学中の19歳の時にTABIPPOと出会い、ジョイン。その後、人生はじめての海外&ひとり旅へ出て、旅に魅了され、休みがあれば旅をする日々へ。学生の頃から「旅するデザイナー」として働きながら旅をすることを実現。タイ/バンコク、小笠原諸島父島と拠点を移し、現在は湘南に拠点を置きながらWeb/紙媒体のデザイナーとして活動中。暮らすように旅するのが好き。

こんがりモチモチ「米粉のバナナパウンドケーキ」



vol.5の今回はボリューム満点のこんがりモチモチ「米粉のバナナパウンドケーキ」のレシピをお届けします。では、今日のレシピに必要な材料です。


シナモンとバニラエッセンスはお好みで。なくても問題ありません。

では、早速作ってみましょう!

①米粉とベーキングパウダーを混ぜ合わせます


簡単に混ぜ合わせればOKです。このタイミングでお好みの量でシナモンも追加してください。

②バナナをフォークでつぶしましょう


皮を剥いたバナナをお好みのサイズにフォークでつぶしていきます。細かくても少し大きめでもどちらでも大丈夫、その日の気分の大きさでOK!

③ボールに砂糖と卵を入れ、よく混ぜ合わせる


砂糖と卵が混ざり合うまでよく混ぜましょう。今回はサラサラのきび砂糖を使用しています。甘くていい香り。

④③のボールに油と②でつぶしたバナナを入れて混ぜ合わせる


全体に油が馴染むまでよく混ぜてください。今回も菜種油を使用しています。

米粉のお菓子作りには米油も相性がいいとか。次は米油を買ってみようかな。

⑤④で混ぜ合わせたものを①の粉物に加えてよく混ぜます



お気づきだと思いますが、今日のレシピも混ぜてばかり。とっても簡単楽チン!

粉っぽさがなくなるまでよく混ぜます。ここでお好みでバニラエッセンスを加えてください。

⑥型に生地を流し込みます


クッキングシートを敷いておいたパウンドケーキの型に、出来上がった生地を流し込みます。ここまできたら完成したも同然。混ぜて混ぜて時々つぶして、とっても簡単!

⑦あとは、180°に予熱したオーブンで30~35分焼くだけ


焼く時間は目安です。お家のオーブンの様子を見ながら焼いてください。いい感じの焦げ目が付いてきたら、こんがりモチモチ「米粉のバナナパウンドケーキ」の完成です!


少し冷ましてから食べると焦げ目で外はさっくり、中はふわふわのパウンドケーキでおすすめです。

ぜひ今週末は、こんがりモチモチ「米粉のバナナパウンドケーキ」を作って、おうち時間のおともにしてみるのはいかがでしょうか。


今回の旅の写真は、冒頭にもあげたわたしの愛してやまない国、タイです。

またどこかの国に長く滞在して深くその国のことを知りたいな、写真を撮りたいな。なんて考えつつゆっくりする週末を迎えたいなと思います。みなさまも素敵な週末をお過ごしください。

All photos by Nana

他のレシピはこちら

tabippo
小倉 茄菜 TABIPPO / デザイナー

海と写真が好きなデザイナー。桑沢デザイン研究所在学中の19歳の時にTABIPPOと出会い、ジョイン。その後、人生はじめての海外&ひとり旅へ出て、旅に魅了され、休みがあれば旅をする日々へ。学生の頃から「旅するデザイナー」として働きながら旅をすることを実現。タイ/バンコク、小笠原諸島父島と拠点を移し、現在は湘南に拠点を置きながらWeb/紙媒体のデザイナーとして活動中。暮らすように旅するのが好き。

RELATED

関連記事