ライター
前田 哲都 夫婦でハネムーン世界一周

夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに教師、建築士の仕事をいったん退職し、ハネムーン世界一周をふたりでスタートさせる。好奇心旺盛の目立ちたがり屋!でも、根はすごく真面目のてつと。のほほ~んとしていてバックパッカーにはならない風貌のちぃ。それでもふたりで世界一周にいきます!

魅力3.昼間とは異なる夜の雰囲気


海水浴!町歩き!ネルハの魅力は日中たくさん味わうことができますが、夜の雰囲気もまたおすすめ!日中はお土産屋さんやカフェで活気づくネルハの町ですが、夜は町の雰囲気がガラっと変わります。たくさんのバルやレストランが立ち並び、人通りも増えて夜の町に!

海沿いの解放感溢れる雰囲気に夜でも温暖な気候もあいまって、ついつい飲みすぎてしまいそうになりますよ。


決まったレストランやバルでのんびり食事も良いですが、私たちのおすすめはバル巡りです。ネルハのバルでは、1~4ユーロ程度のドリンクを一杯頼むと、無料で「タパス」と呼ばれる料理の小皿がついてきます。(※お店のシステムによります。)

ハム、チーズ、魚介や揚げ物など、バルによって選べるタパスは異なるので、バルを巡って色々なタパスを楽しみながらお酒を飲むことができるのも、この町の魅力の1つです。


ネルハではもちろん、スペインの有名料理もレストランで味わうことができます。パエリアやアヒージョ、ガスパチョなどの料理も堪能することができますよ!

私たちはスペインに来てネルハで初めてパエリアを食べました。イカ墨味のパエリアを注文しましたが、歯ごたえが良く、想像していたイカ墨の味ほど磯臭くなくコクがあって、魚介の味をふんだんに味わいながらおいしく食べることができました。

 

魅力4.ヨーロッパのバルコニー

ネルハの町の中心に「ヨーロッパのバルコニー」と呼ばれる場所があります。ここから見えるアルボラン海は、まさに海を眺めることのできるバルコニーと呼ぶにふさわしい眺め。


きれいな海の水に、遠く広がる水平線。さまざまなバスキングで盛り上がる広場。特に夕日の時間がおすすめで、その時間にはたくさんの人たちがやってきて、静かに波の音を聴きながら美しい夕日を見入っています。ネルハに訪れた際には必見のポイントです。

 

魅力5.スペインで一番美しい村「フリヒリアナ」

ネルハの町からバスで約20分のところに位置する「フリヒリアナ」という村。この村は以前、「スペインで1番美しい村」に選ばれたこともある村で、中心地にはたくさんのお土産屋が並び、連日観光客で賑わっています。


町はたくさんの小道があってまるで迷路!その全ての小道がかわいく白で塗られている様子は、まさにフォトジェニック。時間を忘れて歩くもよし!かわいい雰囲気の中でまったりカフェで時間を過ごすもよし!

私たちはこの村に滞在したのが3時間程度で、少し急ぎ足になってしまいました。半日程度充分に時間をとってゆっくりと観光するのをおすすめします。ネルハを訪れた際は是非、フリヒリアナまで足を伸ばしてみてください。

All photo by tetsuto maeda

 

まとめ

スペインの中でも意外と知られていない町ネルハ。しかし実は、たくさんの魅力でいっぱい!結果的に私たちのスペイン滞在の中でも最もリラックスできた町でした。

バルセロナやマドリッドなどの有名な観光名所を巡るのもちろん良いですが、ネルハの地に足を延ばして、のんびりとバカンスを楽しんではいかがですか?

ネルハの滞在について全日ブログを書いています。観光やグルメ、アクセス等の参考にしていただければと思います。

\TABIPPO.NETにてハネムーン世界一周の様子を連載中!/

ライター
前田 哲都 夫婦でハネムーン世界一周

夫(てつと)。1988年生まれ大阪出身。嫁(ちぃ)。1985年生まれ北海道出身。2011年7月就航のピースボート74回クルーズに乗船し出会う。 2016年7月に入籍。2017年6月から互いに教師、建築士の仕事をいったん退職し、ハネムーン世界一周をふたりでスタートさせる。好奇心旺盛の目立ちたがり屋!でも、根はすごく真面目のてつと。のほほ~んとしていてバックパッカーにはならない風貌のちぃ。それでもふたりで世界一周にいきます!

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング