ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

氷河時代の化石や、人が住み着いて使われていたとみられる船なども発掘されており、それらはスホクラント博物館に展示されています。

スホクラントとその周辺

photo by bert knottenbeld

スホクラントとその周辺

photo by piotr iłowiecki

 

港町ヴィレムスタット歴史地域

カリブ海に浮かぶオランダ領のキュラソー島にある都市ウィレムスタッドはプンダとオトロバンダという二つの地域に別れています。プンダは1643年に、オトロバンダは1707年に設立されました。

17世紀から18世紀にかけてのオランダ植民地時代のパステルカラーの建築物が立ち並ぶ可愛らしい街並みは、1997年から世界遺産に登録されています。

港町ヴィレムスタット歴史地域

photo by prachtigcuracao

 

アムステルダムの17世紀の運河地区

アムステルダムは17世紀に作られた運河の町です。オランダは、アムステルダムを基盤にアジアの国々との交易により栄えました。

たくさん張り巡らされた運河のうち外側を流れる大きなシンゲル運河に囲まれた地区が世界遺産に登録されています。干拓で作り上げた居住区が港を中心にして約1200もの橋で繋がれている、オランダならではの景観を見ることができます。

アムステルダムの17世紀の運河地区

photo by Lies Thru a Lens

アムステルダムの17世紀の運河地区

photo by Bert Kaufmann

 

アムステルダムのディフェンス・ライン

ディフェンス・ラインは1883年から約40年かけて造られたアムステルダムを取り囲む堤防です。飛行機が発達する前、戦争は常に地上戦で、敵の進入に合わせて水門を開き進入を防ぐ仕組みが作り上げられました。

しかし、完成後の第二次世界大戦には地上戦は行われずに全く利用されないまま、現在は歴史的遺産として保存されています。

アムステルダムのディフェンス・ライン

photo by FaceMePLS

 

リートフェルト設計のシュレーテル邸

オランダ第四の都市ユトレヒトに、へリット・トーマス・リートフェルトによって設計された建物です。まるで現在のデザイナー住宅のような外観のシュレーテル邸は、1924年に設計されたもので、当時からすれば大変画期的なデザインでした。

施工当時はその奇抜なスタイルから多大な非難を浴びた家でしたが、デザイン運動の証として今も訪れる人が耐えません。

リートフェルト設計のシュレーテル邸

photo by Rory Hyde

 

まとめ

いかがだったでしょうか。オランダを観光する場合は、アムステルダムを中心に組み立てることになります。日本からアムステルダムまでは、直行便が出ており所要時間は12時間程度です。

 

オランダの世界遺産について調べている方に、人気の商品はこちらです

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥1,760 (2020/10/20 07:40:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ヴィアンヌVIANE
¥1,378 (2020/10/20 10:01:58時点 Amazon調べ-詳細)
ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング