writer
SATO 夫婦で暮らしながら旅

バックパッカー、ワーホリ、一人旅、働きながら旅をし、旅をしながら暮らしてきました。昨年、結婚し、現在は夫婦で暮らしながら旅をしています。 料理とお酒と音楽が大好物!

*編集部追記(2017/06/25)
以下5選を新たに追記しました。

 

ボルカン・マサヤ

photo by shutterstock

ニカラグアなど中米の国々は、観光スポットが火山ということが結構あります。ボルカン・マサヤもその一つで、この活火山を中心にマサヤ火山国立公園を形成しています。

この国立公園内には、マナグアから車で30分ほどで到着しますが、道が整備されているため車で入って行ける場所です。実は道がボルカン・マサヤの火口まで続いているという事で、その噴火口からは常にマグマが湧き、恐怖を感じるほどのミステリアスな光景を見ることが出来ます。

 

アポヨ湖

photo by shutterstock

ロッジやホステルもある小さなリゾート地、アポヨ湖は観光客に人気のスポットです。湖の周囲は山に囲まれていて、美しく静かな場所だと評判です。湖岸では釣りやウォータースポーツもできるので、普段の自分をリフレッシュするのに良いかも。

 

旧マナグア大聖堂

photo by shutterstock

この立派な建物は、かつてキリスト教のカテドラル(大司教座)だった大聖堂で、現在は1972年の地震により被災し、廃墟になっています。マナグアの中心部に位置しており、共和国広場と呼ばれている場所にあります。この広場には旧大聖堂の他にも宮殿や劇場がありますが、付近の治安には少し注意が必要との事です。

 

ソモト峡谷国定記念物

photo by shutterstock

ニカラグアのマドリス県にあるソモト峡谷国定記念物は、中央アメリカでも最古の岩石地帯の一つとして知られている観光スポットです。この峡谷は最近(2004年)新しく発見されたばかりで、大変ユニークな構造をこの峡谷で見ることができます。

ここの峡谷は数万年以上の長い時間をかけて出来たものだそうです。また、この峡谷のツアーでは小さなボートで峡谷を通ったり、峡谷の岩の上を歩いたりと様々なアクティビティーに参加できるので要チェックです。

 

モンバッチョ山

photo by shutterstock

モンバッチョ山はニカラグアで人気のある火山名所の一つとして知られている所で、山の中腹ではニカラグア湖やグラナダの市街地の素晴らしい景色を見ることもできるニカラグアの観光スポットの一つです。

山を一周するハイキングコースもあり、天然記念物に登録されている多くの植物を観察することもできるそうなので楽しめることでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?ニカラグアの観光地は治安も良く、中米の中では物価も安い方なので旅がしやすかったです。中米を旅行の際はニカラグアにぜひ訪れてみてください。

writer
SATO 夫婦で暮らしながら旅

バックパッカー、ワーホリ、一人旅、働きながら旅をし、旅をしながら暮らしてきました。昨年、結婚し、現在は夫婦で暮らしながら旅をしています。 料理とお酒と音楽が大好物!

RELATED

関連記事