まだパンツ履いてるの?ぼくが旅先で「ノーパン主義」を絶対死守するワケ

Pocket はてブ

それがボディソープひとつだと、髪と顔に対して洗浄力が強すぎて、洗顔ひとつだと髪に対して洗浄力が強すぎます。

よって最も繊細な髪に標準を合わせてシャンプーに一本化することで全てが無理なく解決します。服はよっぽど繊細な生地でなければだいたいOKです。

 

男性バックパッカー東南アジア1周の全持ち物

IMG_5306

photo by KOH

正直、パソコンはタブレットでいいと思いますし、GoProに加えてこの写真を撮ったデジカメもあるのでカメラは2台もいりません。

Tシャツはスポーツウェアの方が乾きが速くてローテーションが早まります。

サンタクロースのお面はクリスマスにつけてカオサンロードでヘアカットするので絶対必要です。

衣類も圧縮袋を使うなどしてまだまだ縮小できますが圧縮袋の代わりに使用頻度の低いイヤホンでアウターを絞めています。

 

まとめ

IMG_5308

photo by KOH

10℃以上の国ならこの荷物量で十分です。

下着がないだけで、バックパックの中身が一眼レフカメラひとつ分は省スペースできます。

写真では帽子の下にヘアバンドをつけていますが、バスや飛行機の中でもアイマスクとして活躍するので男女共におすすめです。

 

こういった最小限のもので生活するひとをミニマリスト(最小限主義者)と言います。

フィリピンで出会った日本人ミニマリストの伊藤光太さんは全財産がバックパックひとつに入るほど、もっともっと最小限です。「これが本物のミニマリストか〜」って感じですね。

ただ、筆者は自称ミニマリスト(最小限主義者)ではなく、ただのノーパン主義者です。

1 2
Pocket はてブ

WRITER

ぼくが韓国人だからと言って辛い物を与えないでください!すごく嫌いです!

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

RANKINGカテゴリーランキング

トラベルライターKOH特集!Life is Chaos「想像の向こう側」

FEATURED特集

特集一覧へ