ブリッゲン

ノルウェーのオススメ観光スポット36選

ブリッゲン
Pocket はてブ

ノルウェー王宮

ノルウェー王宮

photo by shutterstock

1849年に完成した「ノルウェー王宮」は、現在、ノルウェー国王ハーラル5世と王妃の住居として利用されています。残念ながら内部の見学はできませんが、王宮の外観や緑あふれる庭園はとても美しいので、一度足を運ぶ価値ありです!

■詳細情報
・名称:ノルウェー王宮
・住所:Slottsplassen 1, Oslo
・アクセス:トラム13・19番、地下鉄全線ナショナルテアートレ(Nationaltheatret)駅から徒歩5分
・マップ:
・電話番号:+47 22 04 87 00
・料金:大人95ノルウェークローネ  シニア85ノルウェークローネ  3歳未満は無料
・公式サイトURL:http://www.kongehuset.no/seksjon.html?tid=27160&sek=26983

 

カール・ヨハンス通り

オスロの主要大通りである「カール・ヨハンス通り」は、観光客ならば誰もが一度は足を運ぶ場所です。オスロ中央駅からノルウェー王宮の間まで、およそ2キロメートルにわたって続き、様々なデパートやレストランなどが立ち並んでいます。

■詳細情報
・名称:カール・ヨハンス通り
・住所:KARL JOHANS GATE, 0162 OSLO, NORWAY
・アクセス:鉄道 オスロ中央駅(OSLO SENTRALSTASJON)から、徒歩1分
・マップ:

 

オスロ大学

オスロ大学

photo by shutterstock

ノルウェーでも最大規模を誇る大きな大学で、名門校として知られています。1911年に創立100周年を記念して建てられたアウラ講堂では、ひんぱんにコンサートなどが開催されているそうです。

■詳細情報
・名称:オスロ大学
・住所:Karl Johans Gate 47, Oslo
・アクセス:地下鉄全線ナショナルテアートレ(Nationaltheatret)駅から徒歩1分
・マップ:
・電話番号:+47 22 85 50 50
・公式サイトURL:http://www.uio.no

 

オスロ市庁舎

オスロ市庁舎

photo by shutterstock

「オスロ市庁舎」は、オスロ市創立900年を記念し1950年に建立されました。舎内には、市議会や行政部、その他アートスタジオやギャラリーなども収容しています。

■詳細情報
・名称:オスロ市庁舎
・住所:Fridtjof Nansens Plass 29, Oslo
・アクセス:トラム12番ロードフスプラッセン(Raadhusplassen)駅から徒歩1分
・マップ:
・営業時間:9~16時
・電話番号:+47 23 46 12 00
・公式サイトURL:https://www.oslo.kommune.no/politikk-og-administrasjon/radhuset/

 

国会議事堂

国会議事堂

photo by shutterstock

首都・オスロの風景に溶け込むように、カール・ヨハンス通りに堂々とそびえる「国会議事堂」。春から秋にかけては無料の英語ガイドツアーがあり、議事堂内の豪華な調度類などを見学できます。

■詳細情報
・名称:国会議事堂
・住所:Karl Johans Gate 22, Oslo
・アクセス:地下鉄全線ストールティンゲ(Stortinget)駅から徒歩1分
・マップ:
・電話番号:+47 23 31 30 50
・公式サイトURL:https://www.stortinget.no/no/

 

ヘニー・オンスタッド・アートセンター

ノルウェーや世界各国の現代美術作品約4000点を収蔵する「ヘニー・オンスタッド・アートセンター」。コンサートやワークショップなどのパフォーマンスもひんぱんに開催される、ノルウェーアートシーンの中心的存在です。

■詳細情報
・名称:ヘニー・オンスタッド・アートセンター
・住所:Sonja Henies vei 31, Hoevikodden
・アクセス:ホヴィコッデン(Hovikodden)駅から徒歩5分
・マップ:
・営業時間:11~17時(土・日曜~19時) 3月26~31日と5月18・19日は12~17時
・定休日:月曜日
・電話番号:+47 67 80 48 80
・料金:大人80ノルウェークローネ  シニア60ノルウェークローネ  18歳無料
・公式サイトURL:http://www.hok.no

 

アストルップ・ファーンリ現代美術館

イタリア人建築家によって設計された「アストルップ・ファーンリ現代美術館」。日本人の村上隆をはじめ、ノルウェーや世界中のアーティストのアート作品が豊富に揃っています。

美術館の外観もアート作品と同じように斬新で、多くの人々の注目を集めるオスロの新しい観光スポットです。

■詳細情報
・名称: アストルップ・ファーンリ現代美術館
・住所:Strandpromenaden 2, Oslo
・アクセス:アーケル・ブリッゲ駅から徒歩7分
・マップ:
・営業時間:火・水・金曜12~17時 (木曜~19時、土・日曜11~17時)
・定休日:月曜日
・電話番号:+47 22 93 60 60
・公式サイトURL:http://www.afmuseet.no

 

国立美術館

オスロ大学の裏手に位置する美術館で、国内最大の規模を誇ります。特に、ムンクの作品が20点以上展示された「ムンクの部屋」は必見です。

■詳細情報
・名称:国立美術館
・住所:7014 St. Olavs Plass, Oslo,0130
・アクセス:チュリンロッカ停留所から徒歩 2分
・マップ:
・営業時間:10~18時 / 木曜~19時 土日曜11~17時
・電話番号:+47 21 98 20 00
・料金:大人50NOK、18歳未満無料
・公式サイトURL:http://www.nasjonalmuseet.no

 

ムンク美術館

画家エドヴァルド・ムンクの作品や生涯についての資料を展示している美術館です。ムンクの死後、市に寄贈された絵画、デッサン、版画など、膨大な数のコレクションを所蔵していることで知られています。

■詳細情報
・名称:ムンク美術館
・住所:Toyengata 53, 0578 Oslo
・アクセス:地下鉄 トイエン(TOYEN)駅から徒歩2分
・マップ:
・営業時間:10~16時 /木曜10~18時、土日曜10~17時
・定休日:月曜、その他休館日あり
・電話番号:+47 23 49 35 00
・料金:大人95.00NOK  シニア50.00NOK  16歳未満無料
・公式サイトURL:http://munchmuseet.no

 

オスロ市立博物館

1200年代から現在までのオスロの文化史を紹介している博物館です。交通、学校教育、医療など、様々な角度からオスロの文化を学ぶことができます。館内には、画家ムンクが生きた時代背景を解説した部門もあるそうです。

■詳細情報
・名称:オスロ市立博物館
・住所:Frognerveien 67, Oslo
・アクセス:フログネルプラス駅から徒歩2分
・マップ:
・営業時間:11~16時
・定休日:月曜 / 12月16日~1月14日は休業
・電話番号:+47 23 28 41 70
・公式サイトURL:http://www.oslomuseum.no
1 2 3 4
Pocket はてブ

WRITER

TABIPPO.NET編集部
若者が旅する文化を創る!
全員が世界一周を経験したメンバーが学⽣時代に作った組織がTABIPPOです。設立して4年半、2014年4⽉に株式会社になりました。とにかく旅が好きで、たくさんの人に旅を広めたいと思っ…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

ノルウェーのおすすめ観光スポット・旅行情報一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品