writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

意外と効果がある?クリアシャワーシート

Photo by Nitta Hiroshi

さて、体は何を使えばいいでしょうか。石鹸はシャンプーよりも簡単に利用できますが、きちんと水で洗い流さないと逆効果になってしまいます。基本的にシベリア鉄道の車内では体を洗い流せるほどの水は確保できません。今回はクリアシャワーシートという商品を使ってみました。

見た目は一般的なウエットティシュと変わりません。もちろん、値段はウエットティシュよりも高いです。買ってみたものの「本当に効果があるのかなあ」と疑ってしまいます。

クリアシャワーシートも使い方は簡単 1枚とって、体を拭くだけです。全身を拭こうとすると、2枚~3枚は必要です。私が購入したのは40枚タイプだったので、問題はありませんでした。

拭いた瞬間は少しヒリヒリしますが、それもつかの間。確かにシャワーを浴びたような爽快さを感じられます。それも、思っていたよりも持続性が高いです!

正直、クリアシャワーシートは買って正解だな、と思いました。ついつい何回も使いたくなりますが、40枚しかないため、1日1回にとどめておきました。

案外、髪の毛を整えるだけでも効果はある?

photo by pixta

私はシベリア鉄道の車内でいつも通りヒゲを剃り、クシで髪の毛を整えていました。髪の毛を整える前と整えた後で、気持ちは全然違います。

特に髪の毛は洗っていませんが、爽快感がありました。洗髪をしない間でも、髪の毛を整えることを強くおすすめします。特に女性は効果てきめんではないでしょうか。

結論、シャワーに代わる選択肢はなし!

photo by pixta

いろいろと解説しましたが、シャワーに代わる選択肢はなし!これが結論です。ロシア連邦ブリヤート共和国のウラン・ウデからモスクワまでシベリア鉄道に乗ったわけですが、かかった日数は4泊5日。その間、シャワーなしの生活が続きました。

モスクワのホステルでシャワーを浴びたわけですが、そのときの爽快感は言葉になりませんでした。みなさんも、シャワーなしの生活が続くと、私のように感じるはずです。

今回はロシアでのシャワーなしの生活でしたが、アジアやアフリカではまた事情が異なると思います。シャワーなしの旅が続く場合は、訪れる地域のプロに聞いたうえで準備をすることが大切です。

writer
新田 浩之 フリーライター

国鉄が民営化された1987年生まれ。神戸市出身です。高校の時に読んだある小説の影響で、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、ロシアに強い関心を持つことに。大学、大学院ではユーゴスラビアのことを勉強していました。2016年3月からライターとして神戸で活動しています。 直近では2015年9月から3ヶ月間、友人を訪ねながら、ヨーロッパ14カ国をめぐる旅を決行。ただ、イギリス、フランス、イタリア、スペインなどの西欧諸国には行ったことがありません。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング