ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

フィジーでやりたいこと

photo by ①ChameleonsEye/Shutterstock.com ②Manami Abe

①南国風に味わうフィッシュサラダ

えっ!マグロにココナッツミルクをかけるって!?フィジー風のお刺身サラダを食べて常夏気分を味わう。

②謎の嗜好品「カバ」を飲み干し島民の仲間入りをする

見た目は泥水のようだがフィジーの伝統的な嗜好品。南太平洋帯に生える胡椒科の木の根を乾燥させ、水で濡らし、しぼり出した汁だ。ダウナー(鎮静剤)としての効果が高いとされ、飲むと生きる気力すら失くす人もいるそう…。

photo by ①Martin Prochazkacz/Shutterstock.com ②Kazuki Kiyosawa

①水中の殺し屋・オオメジロザメに「シャークダイブ」でドキドキ餌付け体験!

ポイント名は「The Bistro」。文字通り、海の中にあるサメのレストランに連れていかれ、潜水。静かに待つよう指示があり、しばらくすると頭上に現れる4m級のオオメジロザメ!いままで無事故なのが不思議なほどのスポットだ。

②水上飛行機でテイクオフ!

水上から離陸する飛行機で飛び立てば、空から見えるのは太陽でキラキラ光るフィジーの海!

photo by ①Kazuki Kiyosawa ②Viktor Hejna/Shutterstock.com ③Renee Vititoe/Shutterstock.com ④Kazuki Kiyosawa

①ロビンソン・クルーソー島

「あの物語のモデルになった」と言われる島。少年の気持ちに戻ってサバイバルな1日を過ごしたい。

②南の島の砂漠?シンガトカ大砂丘

フィジーに砂漠が出現!?大砂丘のいちばん高いところに登って、南の島の激しい海風に吹かれたい。

③サブサブの港から夕日を眺める

バヌアレブ島の静かな港町。太平洋に沈むオレンジ色の夕日を眺めながら、将来のことを考える。

④南国リゾートパラダイスコーブ

映画に出てきそうな美しい入り江。トロピカルガーデンに囲まれたバンガローで天国気分を味わう。

 

サモアでやりたいこと

photo by ①The Samoan Home of Robert Louis Stevenson by Michael Coghlan/Flickr ②Valery Shanin/Shutterstock.com

①文豪の博物館で書斎を見学

『ジキルとハイド』の文豪「ローバート・L・スティーブンソン博物館」で冒険小説の魅力に浸る。

②暮らしを学ぶサモア文化村

歌やダンス、彫刻やヤシの葉の織物も体 験もできる!ポリネシアカルチャーを体を使って学びたい。

photo by ①Martin Prochazkacz/Shutterstock.com ②Kazuki Kiyosawa

①天然の洞窟プール「トスア・オーシャン・トレンチ」に直下ダイブしたい!

まるで大きな隕石が落ちたような大穴の底には、透き通ったエメラルドグリーンの海が広がっている。中には海にまでつながっている洞窟もあり、さらに冒険心をくすぐられる。かなり勇気がいるが、幅1.5m、深さ3m、奥行き5mほどの真っ暗な海底トンネルは、シュノーケルをつけて自力で潜り抜けることも可能だ。

②ラノマヌ・ビーチにある伝統家屋「ファレ」で日が暮れるまでゴロゴロする

この伝統的な高床式住居には壁がないため、家の中にはいつもそよ風が流れ、波の音を聞きながら目の前の海を独り占めできる。壁がないのはサモアの人々の心も同じで、「一緒にお茶しない?」と声を掛けられることもあるだろう。

 

パラオでやりたいこと

photo by ①evenfh/Shutterstock.com ②Ethan Daniels/Shutterstock.com

①「ドルフィン・パシフィック」で大好きなイルカと手をつないで泳ぐ

こちらは世界最大級のイルカの飼育施設。イルカと目を合わせて泳いだり、握手したり、トレーナーの仕事を1日体験することができる。ダイビングができなくても楽しめるパラオの大人気スポットだ。

②「ジェリーフィッシュレイク」でクラゲと一緒にゆらゆらゆらゆら

太平洋に浮かぶ楽園パラオの大人気スポット。ロックアイランドの中の1つ、マカラカル島の湖に無数に浮いているクラゲたちは光合成をするために湖面を泳ぎ、日の光に照らされると星のようにキラキラと輝き出す。その光景は水の中に広がる宇宙。

毒がなく一緒に泳げることから観光客に人気のアクティビティとなった。一緒にゆらゆら揺られた旅人が口を揃えて言うのは「癒された」という言葉。2018年現在その数が激減しており、絶滅する可能性があるとも言われているので、ツアーの催行情報には十分ご注意を。

photo by ①Norimoto/Shutterstock.com ②Shiori Maehara

①1日1時間しか出現しない「ロングビーチ」奇跡の上を歩きたい

潮位によっては見られない奇跡のビーチで運試し。広告のロケ地として有名なこの場所は、潮の満ち引きによって1日最長1時間だけ出現する砂の回廊。オモカン島から800m近く向こうに見える隣の島まで、海の真ん中を歩いていける。青一色の水平線に姿を現す真っ白な道は、さながら海を割る神話のモーセのよう。

②オモカン島でビーチを満喫

干潮になると、パラオ屈指の白砂が出現! ターコイズブルーの海で、小魚の群れを追いかけてみたい。

photo by ①Shiori Maehara ②Ethan Daniels/Shutterstock.com

①ミルキーウェイで泥パックし放題

乳白色の入江の海底に沈む、きめ細かい泥でパック。天然成分で全身美容ケアをして女磨きを。

②魚がつくる絶景ブルーコーナー

世界でも1、2を争う魚の大群が見られる!大きな群れを待ちかまえて、大海の中を絶景ダイビング。

photo by ①Asami Umezono ②howamo/Shutterstock.com ③Shiori Maehara

①マングローブトンネル

ジャングルの中をカヤックで進む!風・森・鳥・波の音…自然のパワーを体いっぱい吸い込みたい。

②珊瑚でできたロックアイランド

モコモコとした形の南の島、その海中はパラダイス。色鮮やかな熱帯魚たちと時間を忘れて戯れたい。

③神秘的な青さのブルーホール

縦穴に光が降りそそぐダイビングスポット。海の底から太陽の光を感じて、白昼夢のような時間を楽しむ。

 

パプアニューギニアでやりたいこと

photo by ①Michal Knitl/Shutterstock.com ②Takaya TKY Kawaguchi

①4,000m級ウィルヘルム山

トレッキング愛好者に混じって、赤道直下の山脈をフレッシュな空気を吸いながら登りたい。

②ケビエンで波乗りに挑戦

人口わずか7,000人の小さな港町。マリンスポーツのメッカでファンウェーブを乗りこなしたい。

photo by ①Stanislav Solovkin/Shutterstock.com
②zaferkizilkaya/Shutterstock.com ③feathercollector/Shutterstock.com

①マッドマンに会いにアサロへ

インパクトが強すぎる仮面の伝統民族。渓谷の村を訪れて、泥でできた不気味な仮面の素顔をのぞきたい。

②太古から変わらない原始の海魚たちの楽園「ミルン湾」におじゃま

「原始の海が残る」とまで言われる、パプアニューギニアの水中世界。色とりどりのサンゴの周りを優雅に泳ぐ大量の熱帯魚群を見ていると、「人間がこれほど美しい世界におじゃましていいものか」と申し訳なさを感じてしまうほど。海好きなら行かずには死ねない、人間に残された大秘境の1つだ。

③鳥たちの楽園バリラタ国立公園

珍しいカワセミ、求愛ダンスをするゴクラクチョウ…自然あふれるトレッキングで、可愛い鳥に癒される。

 

バヌアツでやりたいこと

photo by ①Daisuke Ikei ②ChameleonsEye/Shutterstock.com ③Gekko Gallery/Shutterstock.com

①ミレニアムケーブで秘境探検!

現地の人が勇敢にも切り開いた洞窟探検ルート。気分は「インディージョーンズ」で、闇の中を進みたい。

②スリ・ジヴァ・スブラマニア寺院

「南半球で最大」と言われるヒンドゥー教寺院。カラフルなピラミッド型のお堂に参拝したい。

③隠れ家リゾートでプライベートタイム

島全体がリゾート「ラトゥア プライベート アイランド」で水上乗馬やプライベートビーチを堪能したい。

 

「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」をチェック!

本記事の内容は、PAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されています。地球上にある絶景、秘境、グルメ、 非日常…が2,000個ズラリと並んでいます。ページ数は496Pにもおよび、掲載国数は日本のガイド本史上最多の186ヵ国!

次に旅行の予定がある人にとって参考になることはもちろん、めくるだけでも旅へのワクワクが止まらなくなるはずです。TABIPPOの自信作、ぜひ手にとってみてくださいね!

ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング