なまはげに会いに行ける!男鹿半島の観光スポット30選

Pocket はてブ

11.入道崎

男鹿半島の西北端にあり、男鹿半島の代表的な観光スポットである入道崎。草原の緑と碧い海、空のコントラストがとても美しく見える景勝地です。近くには日本の灯台50選にも選ばれた入道崎灯台もあります。

また、入道崎は日本の夕陽百選にも選ばれた夕陽の絶景ポイントでもあります。夕陽の時間帯は多くの人が訪れ、昼夜どちらも訪れてみたい名所です。

■詳細情報
・名称:入道崎
・住所:秋田県男鹿市北浦入道崎字昆布浦
・アクセス:JR羽立駅から秋田中央交通バス入道崎終点、徒歩3分
・営業期間:灯台は4月下旬~11月上旬9:00~16:00
・定休日:灯台は上記営業期間以外は休業
・電話番号:018-845-1624
・料金:大人200円、、小学生以下無料(灯台資料展示室)
・参考サイトURL:http://www.ogakk.or.jp/spot/nyudo.php

 

12.八望台

男鹿半島一の素晴らしい光景が見られる八望台。戸賀湾や火山湖の一ノ目潟、二ノ目潟、寒風山など、八方どこを見ても美しい眺望です。

なお、入道崎と同様に八望台も夕陽の鑑賞スポットです。日本海に沈む夕陽の美しさは最高です!

■詳細情報
・名称:八望台
・住所:秋田県男鹿市戸賀
・アクセス:男鹿駅から車で約30~40分
・電話番号:0185-24-9141
・参考サイトURL:http://www.ogakk.or.jp/spot/nyudo.php

 

13.大瀑

もーさん(@clipper814)がシェアした投稿 – 2016 5月 5 12:10午前 PDT

八望台から車で約4分ほどの入口から、徒歩で約30分ぐらいの場所にある大瀑(おおたき)。緑生い茂る静かな空間で岩肌から水が落下している様はとても神秘的です。

別名「桜の滝」ともいわれ、江戸後期の旅行家・菅江真澄も訪れた場所です。往復1時間の散策ですが、ぬかるみなどもあるので、汚れても良い歩きやすい靴で行きましょう。

■詳細情報
・名称:大瀑
・住所:秋田県男鹿市北浦西水口
・アクセス:八望台またはなまはげオートキャンプ場から車3~4分で入口
・電話番号:0185-24-9141
・参考サイトURL:https://www.oganavi.com/spot/89.php

 

14.戸賀湾(戸賀海水浴場)

@chimney2530がシェアした投稿 – 2016 6月 7 2:45午前 PDT

夕陽の名所でもある戸賀湾。湾内の波はとても静かで、子供が遊ぶときも安心です。透明度も高いことから夏は海水浴場として賑わいます。

実は戸賀湾は一ノ目潟や二ノ目潟と同じく、火山活動によってできたと言われ、その昔は四ノ目潟とも呼ばれていたそうです。

■詳細情報
・名称:戸賀湾(戸賀海水浴場)
・住所:秋田県男鹿市戸賀
・アクセス:JR男鹿駅から車で約30分
・シーズン:海水浴場は7月中旬~8月下旬
・参考サイトURL:http://www.ogakk.or.jp/spot/west.php

 

15.赤神神社五社堂

Natsumiさん(@nattu_nn)がシェアした投稿 – 2016 10月 2 5:37午前 PDT

なまはげが作ったという伝説がある、999段の石段を登った先の頂上に見える「赤神神社五社堂」。国指定の重要文化財です。登るのがちょっと大変ですが、五社堂からは素晴らしい眺めを見ることもできるので頑張って登りましょう。

五社堂の近くには「姿見の井戸」という井戸があり、映らなかったりぼやけて見えると不幸が訪れるという言い伝えがあります。見るときは要注意ですよ!

■詳細情報
・名称:赤神神社五社堂
・住所:秋田県男鹿市船川港本山門前祓川
・アクセス:JR男鹿駅から駐車場まで車で約20分、そこから徒歩で約25分
・電話番号:018-833-7132
・料金:境内無料
・公式サイトURL:http://www.fun-ms.com/akagami/

 

16.秋田石油備蓄資料館と基地見学

秋田石油備蓄株式会社が運営している資料館では、基地や貯蓄タンクについて学ぶことができます。予約をすれば基地見学も可能です。職員の方の説明を聞きながら、石油備蓄基地という珍しい場所を探検しましょう。

■詳細情報
・名称:秋田石油備蓄資料館と基地見学
・住所:秋田県男鹿市船川港船川字芦沢219
・アクセス:JR男鹿駅から車で約3分
・開館時間:10:00~16:00
※見学日の前日までに予約要
・定休日:土・日曜日、祭日など会社休業日
・電話番号:0185-24-6111
・公式サイトURL:http://www.akibi.co.jp/

 

17.門前のなまはげ立像

門前地区のシンボルである「門前のなまはげ立像」。同地区にある赤神神社五社堂の999の石段にならって9.99mもの高さがあるので、とても迫力があります。

男鹿半島には男鹿総合観光案内所、男鹿温泉郷入り口、そしてこの門前地区のなまはげ立像と、なまはげ像が3つあるので違いを見て周るのも楽しいかもしれません。ぜひ3つ周ってコンプリートしたいですね。

■詳細情報
・名称:門前のなまはげ立像
・住所:秋田県男鹿市船川港本山門前垂水
・アクセス:JR男鹿駅から車で約20分
・電話番号:0185-24-4700
・料金:見学無料
・参考サイトURL:https://www.oganavi.com/spot/94.php

 

18.寒風山回転展望台

Ryuichiさん(@__ryuichi__)がシェアした投稿 – 2017 3月 8 11:13午後 PST

360度の大パノラマの絶景が見られる寒風山回転展望台。地元の人々の間では「世界三景 寒風山」とも言われ、素晴らしい景色を体験することができます。

回転展望台の一周は約13分。鳥海山、本山、真山、入道崎、白神山地、大潟村などを見ることができる最高の見晴らしです。男鹿観光で必ず訪れたいスポットの一つです。

■詳細情報
・名称:寒風山回転展望台
・住所:秋田県男鹿市脇本富永字寒風山62-1
・アクセス:JR脇本駅から車10分
・営業時間:2017年は3月18日~12月3日08:30~17:00
・定休日:期間中は無休
・電話番号:0185-25-3055
・料金:大人540円、こども270円、親子割・孫割あり
・公式サイトURL:http://www.akita-chuoukotsu.co.jp/kanpuzan/

 

19.鵜ノ崎海岸

男鹿半島の南部に、1.5kmつづく「鵜ノ崎海岸」があります。「日本の渚・百選」にも登録されており、独特な海岸線の形や、海岸線からの海の景色が見どころです。

近くにはキャンプ場があり、干潮時には浅瀬を見ることができたり、磯遊びができることから、夏は多くの人で賑わいます。夕陽の絶景ポイントでもあります。

■詳細情報
・名称:鵜ノ崎海岸
・住所:秋田県男鹿市船川港女川二ツ坂
・アクセス:JR男鹿駅から車で約10分
・電話番号:0185-24-9141
・参考サイトURL:https://www.oganavi.com/spot/57.php

 

20.大龍寺

kattoさん(@katto1117)がシェアした投稿 – 2016 6月 21 7:43午後 PDT

JR男鹿駅から徒歩で行ける曹洞宗の大龍寺。こちらの多宝塔は日本で唯一、鐘楼堂の役割を担っています。

実は大龍寺は、龍神の美女伝説があることから「美女の寺」として有名で、女性が多く参拝に来るそうです。また、庭園がとても美しいので、男鹿駅周辺に滞在の際はぜひ行ってみたいですね。

■詳細情報
・名称:海藏山 大龍寺
・住所:男鹿市船川港船川字鳥屋場34
・アクセス:JR男鹿駅から徒歩5分
・拝観時間:4~10月08:00~16:30、11~3月08:00~16:00)
・定休日:年中無休
・電話番号:0185-24-3546
・拝観料:500円
・参考サイトURL:https://www.oganavi.com/spot/46.php
1 2 3
Pocket はてブ

WRITER

Yuki
旅が好きで旅行会社に入り、それまで国内派だったのに海外旅行課に配属され海外にハマる。 会社に入るまで2ヵ国しか行った事がなかったのに、いつの間にか35ヵ国以上訪れる事に。もちろん並行して国内旅行…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

秋田観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品