夏だけじゃない!冬に遊べる沖縄観光の0円スポット!

Pocket はてブ

 

3.備瀬ビーチ

4098c4052bee-ea8d-4d50-b049-4e1b6ab2264d_m

 photo by RORO

こちらはフクギ並木のすぐ隣にあり、美ら海水族館のすぐ近くにあります。美ら海水族館の近くにあるエメラルドビーチはとても混んでいるのに、不思議とこちらのビーチはすごく穴場で、いつ行っても空いています。

 

映画のロケ地としても使われており、海はとても透明度が高く、下を覗いても透けて見えます。また、この場所から見る夕陽が絶景なので、美ら海水族館に寄った際はぜひ立ち寄ってみてください。

4098c8eababc-2a7a-4762-872b-a05ace20f0ff_m

 photo by RORO

 

4.辺戸岬

P8072551

photo by RORO

沖縄本島最北端の場所にある辺戸岬。

天気が良ければ、与論島を眺めることができます。那覇空港からは、高速を利用しても約2時間半以上かかるので遠いですが、荒々しい水しぶきはすごく見応えがあります。

また、初日の出スポットでもあるこの場所は、朝日の時間帯が人気です。1日の始まりは辺戸岬から始めてみてはいかがでしょうか?

P8072576

 photo by RORO

 

5.勝連城

S__9969725

photo by RORO

世界遺産に登録されている勝連城は、琉球王朝時代にこの地方の王、阿麻和利(あまわり)がその昔住んでいたとされています。勝連城は高台の場所にあり、天に登って行っているような感覚を味わうことができます。

一番上まで登ると360°の景色を眺めることができ、海中道路も眺めることができます。

S__9969710のコピー

 photo by RORO

 

6.ジュゴンの見える丘

4098c68043ea-d6e0-4f4c-9c3c-2a213a920c2b_m

photo by RORO

ジュゴンが発見されたことがあり、ジュゴンの見える丘と呼ばれています。運が良ければ見れるかも?

ただ、この場所への行き方は少々複雑です。と言うかカーナビで調べても出てきません!車を停めてから10分くらい、道無き道を歩くので覚悟して行きましょう!途中崖になっていますので十分注意してください。

苦労した先には絶景が待っています。本当に穴場スポットなのでほぼ貸切状態です。

40982a234adb-c6de-4352-86dd-0346757eb23d_m

photo by RORO

※雨の日に行くのは危険なのでおすすめしません。

 

7.座喜味城跡

P9284715

photo by RORO

こちらも世界遺産のうちの一つ!

城壁に登ることも許可されている唯一の城であり、自由に楽しめるところがポイントです。座喜味城の特徴として、城壁が真っ直ぐではなく、曲がりくねっていることで敵を追い込むための「武者隠し」など、軍事強化されていることです。城壁に登る際は気を付けましょう。

 

8.普天満宮洞窟

189

photo by RORO

意外と知られていない穴場スポット!普天満宮は琉球王国時代に王府から特別な扱いを受けた琉球八社のうちの一つです。神社の中に洞窟があり、こちらも見どころの一つとなっています。まさか神社に洞窟があると思いませんよね?

 

一般開放されていますが、巫女さんに言わないと案内してもらえないのでぜひ、申し出てみてください!

洞窟内の中からはいくつも遺跡が発掘されており、2万年前の琉球鹿、イノシシなどの化石も発掘されています。中は神秘的な空間なので、ぜひ歴史を感じてみてください!

 

9.果報バンタ

40980933bfdc-9841-4bbc-b4e0-ceb73c188e23_m

photo by RORO

別名「幸せ岬」とも言われています。海中道路を渡って宮城島に入ると、ぬちうなーという塩を作っている工場の敷地内にあります。

 

120mの崖の上から見る海はまさに「エメラルドグリーン」色が相応しい色合いになっていて、その景色は絶景と言えます。一見通り過ぎてしまいそうになりますが、ここは足を運ぶ価値は十分にあると思います。

塩のソフトクリームも食べられるのでぜひ食べてみてください。塩のしょっぱさとソフトクリームの甘さが絶妙にマッチしていておいしいです。

4098ecf706b6-d22a-4a6b-9814-b9cfcc7c454c_m

photo by RORO

 

10.首里城

P8213064

photo by RORO

沖縄の顔とも言える首里城!お城の中に入るのは有料ですが、首里城を外から見ることは無料でできます。ケツメイシさんのアルバムのジャケ写にもなっている場所を探し、ポーズを決めて写真を撮るのも楽しめると思います。

P8213052

photo by RORO

また昼に行くことが鉄板になっていると思いますが、夜の首里城もライトアップされており、昼間とは全く違う雰囲気が楽しめると思います。ぜひ昼と夜どちらも行ってその違いを楽しんでみてください!

 

まとめ

沖縄は1年中楽しめる!

夏の沖縄もマリンスポーツを楽しめたり、オープンカーで晴天の中ドライブしたりと夏にしかできないこともありますが、冬の沖縄も楽しめる場所はいっぱいあります。しかもここで載せた場所は全て無料で楽しめますので、それだけで十分満喫できます。

 

お金がかかる遊びももちろん楽しいですが、お金を使わない遊びも価値があり、とても有意義な時間を過ごせると思います。冬の沖縄は海もとても綺麗に見えるし、飛行機代も格安です!ここ大事です!

そして冬にひまわりも咲くのでこちらも見頃だと思います。冬はぜひ沖縄に遊びに行きましょう!

1 2
Pocket はてブ

WRITER

RORO
日本一小さな県出身
旅する映像クリエイター・旅する料理人。大学卒業後、PEACE BOATで初海外、世界一周の旅に出る。 帰国後、次は日本を知るために、北から南まで約2年半旅をしながら働く生活を送る。訪れた国は27…

TABIPPO.NETで
旅の情報をチェックしよう!

Twitter、Facebook、Instagram、LINE@で 編集部が毎日厳選してお届けします。

SNSやメールマガジンもチェック!

EVENTイベント情報

TABIPPOでは、全国で毎週「旅」をテーマにしたイベントを主催していますので、ぜひお気軽に足を運んでみてくださいね ♪

旅大学のWEBサイトを見る

GOODS旅に出たくなる商品

TABIPPOのモノづくりブランドPAS-POLでは、あなたにオススメな「旅グッズ」をたくさんご用意していますので、 ぜひチェックしてみてくださいね♪

オススメの旅グッズを全て見る

RANKINGカテゴリーランキング

沖縄観光のおすすめスポット一覧

FEATURED特集

特集一覧へ

EVENTイベント情報

GOODS旅に出たくなる商品