writer
niikurayu 某宿の中の人

京都の某宿で働きながら、旅したりしてます。

3. ベトナム市場(通称)

本島中部の沖縄市にある東南植物楽園の裏手あたり。基地の間を縫うような細い道路を抜けて行くと、突如として現れる無数の露店…。

こちらが沖縄一のハードコア市場になります。正確に言うと、ここは市場ではなくただの道路です。軍用地と民地の間にあり、管理がひどく曖昧になっている様子。

いつごろからか不明ですが、地元の人達が集まって不用品を売り出したのが始まりとか。売っているものは本当に様々で、日用雑貨や家具家電はもちろん、怪しげな軍用品・骨董品から、

果てはパラシュートや便器まで。

カオスという意味では右に出るものはいません。飲み食いもバッチリできますが、衛生的には全く保証できないのであくまで自己責任で…。

だいたい天気のいい土日は毎回行われているとのことです。

 

オキナワンソウルに会いに行こう!

古来より大国の板挟みに会いながらも、その立場を逆手にとった交易によって栄えてきた沖縄。そんなタフな精神の現われが、地元密着型の市場にあるのかも知れません。

青い海やおいしい料理もいいですが、この夏は市場めぐりに挑戦してみてはいかがですか?

writer
niikurayu 某宿の中の人

京都の某宿で働きながら、旅したりしてます。

RELATED

関連記事