writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

正方形の敷地内にはメイン・ストゥーパを中心にテラスや地下室もあります。1980年に近くにあるサリ・バロールの都市遺跡と合わせて、世界文化遺産に登録されました。

 

モヘンジョダロの遺跡群

現在までに300近い遺跡が発見されている、インダス文明最古であり最大の都市遺跡です。南北1400キロにもわたる広大な遺跡全体は神官階級が住んでいたとされる城塞地区と市民が住んでいた市街地区とに分かれており、レンガ造りの住宅跡や大沐浴場なども発見されています。1980年に世界文化遺産に登録されました。

 

ロータス城塞

ロータス城塞

photo by Jehanzeb Ghafoor

ロータス城塞

photo by Jehanzeb Ghafoor

スール朝を築いたシェール・シャーによって軍事拠点として建築された要塞で、世界最大級の岩塩鉱山の上に築かれた分厚い城壁によって固められています。

4kmにも及ぶ城壁には12のゲートがあり、代表的なものはソヘール門やバティアラ門などです。また、城塞の中には複数の井戸も残っています。1997年に世界文化遺産に登録されました。

 

タキシラ

タキシラ

photo by Guilhem Vellut

マガダ国の首都から続く道、バクトリアなどの北西の国から続く道、シルクロードへ続く道と三つの交易路が交差する場所に位置していたタキシラは交易の中継都市として重要な役割を果たしました。

タキシラの歴史は紀元前6世紀まで遡り、インド仏教の中心となってきたことが遺構から見られます。1980年に世界文化遺産に登録されました。

 

フンザ

photo by Shutterstock

冬には大雪で道すら閉ざされてしまう、7,000m級のカラコルム山脈に囲まれた秘境。ここは、周囲の荒涼とした景色とは正反対に、奇跡のように広がる緑豊かな桃源郷なのです。世界遺産ではありませんが、そこには映画「風の谷のナウシカ」の世界が広がっています。

春になれば棚田の間にアンズの花が咲き乱れ、この世のものとは思えないほど美しい景観が広がっていきます。満開の花々の下には、村人たちがいまもなお牛の力を借りてのんびりと畑を耕す姿が見られます。ここを訪れたある旅人はこう言葉を漏らしたそうです。

「もしも本当に天国があるのならこんな場所がいい」。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。 2015年8月時点でパキスタンの治安レベルは2〜4となっております。旅行を計画の際は、十分な準備と事前調査をしてくださいね。

writer
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事