ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

フィリピンでしたいアクティビティ

photo by Hitomi Date

たった 3,000円で「ジンベイザメ」と超・至近距離シュノーケリング

セブ島最南端の港町・オスロブ。ここではわずか3,000円でジンベイザメと一緒に泳ぐことができる。大きな体とは反対に間近で見る顔はどこか愛らしい。小型カメラ「GoPro」を頭につけて、大迫力の動画を撮るのもオススメ。

photo by Haim Levi/Shutterstock.com

ワニに見える?クロコダイル島

珊瑚の上に浮かぶワニ型の島。透明度の高い海でシュノーケリングしたい。(大丈夫、ワニはいません!)

photo by Kazuki Kiyosawa

YOUTUBEで有名な踊る刑務所「セブ刑務所」でキレキレ囚人ダンスを鑑賞

もともと囚人の更正プログラムとして始められたこのダンスが、いまや世界中で話題になっている。囚人というよりは、もはや囚人服をまとったダンサー集団。公演後は、ちょっと気になる囚人と記念撮影できるというサービスまである。

photo by Sergio Kala/Shutterstock.com

激しい闘鶏を観戦したい

絶対に負けられない戦いがここにも。生で「コックファイティング」を観戦して、現地の人と盛り上がりたい。闘鶏は東南アジアで古くから伝わる雄の鶏を戦わせる競技で、現地では賭け事として楽しむ人の姿も。

photo by Kazuki Kiyosawa

海賊気分で「セブ島」周辺をアイランドホッピング♪

真っ青な海にぷかぷか浮かぶ船…目指すは、謎の無人島。「新しい島が、見えてきたぞ~!」夢にまで見たこのセリフ。ウミガメが見られる離島や、サンドバーと呼ばれる白砂浜がある島など、大海原には最高の冒険が待っている。

photo by Shun Takano

セブ島で「超・格安英語留学」をしてから世界一周に行きたい

近年、世界一周の旅に出る旅人の鉄板コース。4週間約15万円程度でみっちり英語漬けの日々を過ごせる。リゾート感のある学校、日本人経営の学校、外資系企業が立ち並ぶ地区にある学校など、特徴もさまざま。

 

フィリピンの文化・歴史を学ぶ

photo by ①Tappasan Phurisamrit/Shutterstock.com ②hijodeponggol/Shutterstock.com

①サンチャゴ要塞跡

150年もかけてつくられたのち、日米戦争で破壊された要塞。スペイン統治時代の雰囲気に囲まれたい。

②イフガオ族の村を見学

バナウエの棚田周辺で伝統的ライフスタイルを貫く少数民族。高床式の住居におじゃましてみたい。

 

「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」をチェック!

本記事の内容は、PAS-POLの書籍「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」に掲載されています。地球上にある絶景、秘境、グルメ、 非日常…が2,000個ズラリと並んでいます。ページ数は496Pにもおよび、掲載国数は日本のガイド本史上最多の186ヵ国!

次に旅行の予定がある人にとって参考になることはもちろん、めくるだけでも旅へのワクワクが止まらなくなるはずです。TABIPPOの自信作、ぜひ手にとってみてくださいね!

ライター
キタ トモミ TABIPPO編集部 / 愛犬家

*TABIPPO 専属ライター*​ 東京都出身、大自然に憧れるギャップ系女子。「1度きりの人生、世界を見てから死にたい!」という想いから20歳で初めての海外旅行へ。2ヶ国目のタイではタクシーで爆睡し、3ヶ国目のフランスでは列車で爆睡して待ち合わせに2時間遅刻してしまうほど大雑把で大胆な一面も。憧れの旅人はスナフキンで、将来は気の向くままに世界を放浪しながら仕事をして、自分の旅本を出すのが夢。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング