ライター
TAJIHARU トラベルフォトライター

フォトグラファーとライター両方を担う新しい職業、トラベルフォトライターとしてオリジナリティのある記事を様々な媒体で発信。話題の旅ガールとしてメディアにも多く取り上げられる。19歳で初めての海外一人旅へ行き、学生時代は“休学せずに旅をする女子大生バックパッカー“として活動していた。著書に『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)など。

 

まだまだ知られていない穴場スポット【ハンドレッドアイランド】

まだまだ知られていない穴場スポット【ハンドレッドアイランド】

大小123つの島から成り立つ国立公園。フィリピンでもまだ未開発のリゾート地なので他の海よりも人が少なくプライベートビーチ気分を味わえるかも。

他の島に比べて人は少なく、カヌーなどの体験もできます。

 

フライトはわずか2時間!【台湾】

フライトはわずか2時間!【台湾】

物価も安く、親日家が多い台湾。実はフィリピンから近くてとても行きやすいんです。フィリピン料理に飽きてきたら小籠包などの飲茶を食べに行くのはいかがでしょうか?

 

小さいけど凝縮されていて短期でも観光しやすい【シンガポール】

小さいけど凝縮されていて短期でも観光しやすい【シンガポール】

photo by Luke Ma

観光地としてますます人気の高まっているシンガポール。日本からだと7時間半かかるフライト時間も、フィリピンからだとたったの3時間半で行けちゃいます。

小さい国ですが都会もリゾートも凝縮されているので、欲張りな旅人も間違いなく満足できると思います。

 

移住地としても人気が高いので下見がてらにいかが?【マレーシア】

移住地としても人気が高いので下見がてらにいかが?【マレーシア】

photo by LWYang

マレーシアは近年日本人の移住地としてかなり人気が高まってきています。

都市化が進み、高層ビルは増えているので夜景は圧巻の美しさですが、まだまだマレーシアの異文化が集まる混沌とした感じは残っています。

また、マレーシア料理もフィリピン料理とはまた少し違うので、堪能すべきものの一つです。

 

旅は実践の場

いかがでしたか?フィリピン留学で英語を学びながら、旅に出て実際に自分の英語力を試してみる。そんな実践の場として旅に出たらより英語力が身に付くかもしれません。

ライター
TAJIHARU トラベルフォトライター

フォトグラファーとライター両方を担う新しい職業、トラベルフォトライターとしてオリジナリティのある記事を様々な媒体で発信。話題の旅ガールとしてメディアにも多く取り上げられる。19歳で初めての海外一人旅へ行き、学生時代は“休学せずに旅をする女子大生バックパッカー“として活動していた。著書に『旅ガール、地球3周分のときめき』(廣済堂出版)など。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング