トンレサップ湖
その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

オルセーマーケット

カンボジアのプノンペンにある「オルセー・マーケット」は、現地の人々が使うローカルマーケットとして知られており、食料品や日用雑貨など、さまざまなものを扱っています。

また夜にはマーケットの前に屋台が開かれ、食事を楽しむこともできます。

■詳細情報
・名称:オルセーマーケット
・住所:Oknha tp phan, Phnnom Penh
・アクセス:キャピタル バス乗り場 から徒歩すぐ
・マップ:
・営業時間:5時頃から16時頃(店により異なる)
・公式サイトURL:http://www.tourismcambodia.com/travelguides/provinces/phnom-penh/what-to-see/329_orussey-market.htm

 

最高裁判所

Bさん(@bezaddling.ucinorn)が投稿した写真 – 2016 3月 18 5:31午後 PDT

プノンペン中心部にある最高裁判所は、まるで寺院のような美しい外観が特徴です。中に入ることはできませんが、その美しい建築を一目見ようと多くの観光客がここを訪れています。

■詳細情報
・名称:最高裁判所
・住所:Samdech Sothearos Blvd (3), corner of Oknha Chun (St. 240), 12207 Phnom Penh
・アクセス:サンウェイホテルプノンペン近く
・マップ:
・公式サイトURL:http://www.eccc.gov.kh/

 

トンレサップ湖

トンレサップ湖

photo by shutterstock

シェムリアップの南約10kmの所に広がる、東南アジア最大の湖として知られる「トンレサップ湖」。

100万人を超える水上生活者が水上村に住んでいることで有名な場所です。

■詳細情報
・名称:トンレサップ湖
・住所:11km South from Siem Reap Town
・アクセス:シェムリアップ市内中心地から遊覧船乗り場まで車で20分程度(乾季は45分)
・マップ:
・電話番号:(012)772656
・公式サイトURL:http://www.tourismcambodia.com/travelguides/provinces/siem-reap/what-to-see/76_the-great-lake-tonle-sap-floating-village.htm

 

イオンモールプノンペン

日本でもおなじみの複合商業施設「イオンモール」がプノンペンにもあるんです!シネマコンプレックス、電気屋、ゲームセンター、100円均一ショップ、日本のお土産物屋などなど、様々な物を取り揃えています。

カンボジア最大のショッピングセンターで、お土産物探しにもおすすめの場所です。

■詳細情報
・名称:イオンモールプノンペン
・住所:#132,Street Samdach Sothearos, Sangkat Tonle Bassac,Khan Chamkarmon, Phnom Penh
・アクセス:プノンペン中心地からトゥクトゥクで10~15分
・マップ:
・営業時間:8時から22時(一部9時から24時)
・公式サイトURL:http://aeonmallphnompenh.com/

 

リナ料理教室

「リナ料理教室」は、プノンペンで人気と料理教室として知られており、旅行者からも大変人気があります。ここ以外では学べない、クメール料理のことを知るチャンスです!

是非、クメール料理体験コースに参加してみましょう。

■詳細情報
・名称:リナ料理教室
・住所:No.LH44, St 265, Phnom Penh
・アクセス:ソムノン12市場近く
・マップ:
・営業時間:9:00~16:00
・電話番号:+855 16 666 623
・料金:44ドル
・公式サイトURL:http://www.linnacooking.com/

 

センスの良い小物が買える「Daughters of Cambodia Visitor Centre」

性産業の被害にあった女性たちの自立を支援する「Daughters of Cambodia Visitor Centre」は小さなお店ですが、アクセサリーやバッグ、Tシャツ、生活雑貨や玩具など、センスの良い商品を買うことができます。

上階にはスイーツがおいしいと評判のオシャレなカフェ『Sugar ‘n Spice Café』があり、こちらもおすすめ。
またスパもあるので、観光で疲れた足をほぐすこともできます。

■詳細情報
・名称:Daughters of Cambodia Visitor Centre
・住所:65, Street 178, Phnom Penh
・営業時間:9時〜17時30分
・定休日:日曜日
・電話番号:+855 77 657 678
・公式サイトURL:http://daughtersofcambodia.org/retail-and-service-business/visitor-centre#_=_

 

フランス植民地時代の遺産「プノンペン中央郵便局」

フランス植民地時代に建てられたコロニアル様式の『プノンペン中央郵便局』。年中無休で、もちろん無料で中に入ることができます。記念切手も買えるので、カンボジア旅行の思い出に絵ハガキを出してみてはいかがでしょう。

ハガキの場合、日本まで2000リエル(約38円)程度で送ることができるようです。また国際郵便『EMS』も利用できるので、荷物が増え過ぎた場合もここから発送することができます。

このエリアは他にもコロニアル様式の建物をリノベーションしたレストランがたくさん。雰囲気を楽しみながらの散策にもおすすめです。

■詳細情報
・名称:プノンペン中央郵便局(Phnom Penh Post Office)
・住所:corner at St.13 and St.102, Phnom Penh
・営業時間:7:00~17:00
・定休日:無休
・電話番号:023-725-400

 

メコン川で投網漁を体験!「Backstreet Academy」

Backstreet Academy

photo by pixta

珍しいカンボジア体験ができると噂の『Backstreet Academy』。たくさんクラスがあるのですが、個人的にイチオシなのが、漁師さん一家との一日漁体験!船でメコン川を下り、投網漁を体験することができます。

投網漁の後は、川沿いの集落を散歩。そろそろお腹がすいてきたなーと思った頃に、漁師さんの奥さんが先ほど獲った魚を料理して振舞ってくれます。

川魚は臭みもなく、とっても美味!ツアーではなかなか体験できない、ちょっぴりディープなカンボジアを味わってみてください。

■詳細情報
・名称:Backstreet Academy
・住所:#14, Street 360, Sangkat Boueng Keng Kong 1 (BKK1) | Khan Chamkarmorn (Same Building As Music Arts School), Phnom Penh 12203
・営業時間:8:00〜22:00
・電話番号:855 89 746 459
・公式サイトURL:https://www.backstreetacademy.com/47920/things-to-do-in-phnom-penh

 

カンボジアの伝統衣装に変身!「エスピーケー フォトショップ」

エスピーケー フォトショップ

photo by pixta

カンボジアの伝統衣装とメイクで、記念に残る1枚を撮ってみませんか?『エスピーケー フォトショップ』では1〜2時間程度の所要時間で、変身写真を撮ることができます。

衣装を選んだら、メイク、着付け、ヘアセットの後、写真撮影へ。ポーズを指定してくれるので、是非なりきってみてください。

写真の仕上がりは通常5日のようですが、急ぎであることを伝えれば最短4時間〜でやってくれることも。旅程に限りがある方は、予約時に希望を伝えてみることをおすすめします。

■詳細情報
・名称:エスピーケー フォトショップ ワットコー店(SPK Photo Shop Wat Koh)
・住所:#262B, Monviong blvd, Khan Daun Penh, Phnom Penh
・所要時間:1〜2時間
・公式サイトURL:http://spkfuji.com/article/photography.html

 

プレアンコール遺跡群

プレアンコール遺跡群
photo by pixta

12世紀前半にアンコール王朝だったスールヤヴァルマン2世がヒンドゥー教寺院として建てたのがアンコールワットです。敷地面積が大変大きく、その周りを堀が囲っている。

1992年には、世界遺産にアンコール遺跡として登録されています。世界遺産への登録は、クメール・ルージュという内乱の時代からカンボジア帝国の和平を再建するためにを押し進められた象徴的なイベントです。日本やフランスなど多くの国々が、世界遺産申請のために果たした役割は素晴らしいものでした。

 

まだまだ知りたい!プノンペンの魅力

悲しい歴史を持つカンボジアですが、その分、私たちが旅行に行った際、学べることも大きいような気がします。またカンボジア独特の工芸品やダンスなど、日本とは全く違った東南アジアならではの文化も気になりますね。

皆さんの気になる観光スポットは見つかりましたか?プノンペンで素敵な旅を。

その他

こんにちは、旅を広める会社である株式会社TABIPPOが運営をしている「旅」の総合WEBメディアです。世界一周のひとり旅を経験した旅好きなメンバーが、世界中を旅する魅力を伝えたいという想いで設立しました。旅人たちが実際に旅した体験をベースに1つずつ記事を配信して、これからの時代の多様な旅を提案します。

RELATED

関連記事

EVENT

イベント一覧