ポーランド
ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

イタリアに憧れたザモイスキ公はイタリア人の建築家ベルナルド・モランドに宮殿から市庁舎まで主要建築物の全てを任せ、わずか20年で街は完成しました。1992年より世界文化遺産に登録されています。

ザモシチ旧市街

photo by Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland

ザモシチ旧市街

photo by Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland

ザモシチ旧市街

photo by Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland

 

南部小ポーランドの木造教会群

山岳地帯の美しい自然景観と見事に調和した木造の教会群は、築数百年を超えるものばかりで、その中で保存状態の良いものなどが世界遺産に登録されました。

最古の教会は、15世紀にモミの木を材料に建てられたハチュフにある教会で、その他にもゴシック様式とルネサンス様式を兼ね合わせた内部装飾を持つブリズネ村の教会など、6つの教会が登録されています。

南部小ポーランドの木造教会群

photo by Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland

 

カルヴァリア・ゼブジトフスカ:マニエリスム様式の建築と公園の景観複合体と巡礼公園

17世紀はじめに礼拝堂群が造られてから、ポーランドではキリスト教の重要な巡礼地の一つであった小さな町です。修道院はロココ様式の要素を含んだ後期バロック様式で建設されており、史跡群には42もの礼拝堂が建っています。

春の復活祭には今も多くの巡礼者や観光客で賑わいます。1999年に世界文化遺産に登録されました。

カルヴァリア・ゼブジトフスカ

photo by Xiquinho Silva

 

ビャウォヴィエジャの森

ポーランド東部とベラルーシ西部の国境にまたがる原生林で、共同世界遺産登録されています。ヨーロッパ最大の森林地帯であるとともに、ヨーロッパに残る最後の原生林といわれ、一度は絶滅の危機に瀕したヨーロッパバイソンが生息していることでも知られています。その他にも、オオアカゲラやヘラジカをはじめとする約50種類の動物が生息しています。

ビャウォヴィエジャの森

photo by vlod007

 

中世都市トルニ

13世紀に、プロシア征服のためにチュートン騎士団によって築かれた城を中心とした都市で、ワルシャワへクラクフへ琥珀を輸送する中継都市として栄えました。

中世の面影をそのままに残した街には、ゴシック様式の旧市庁舎をはじめ、様々な時代の建築物が当時の姿のまま建っています。1997年に世界文化遺産に登録されました。

中世都市トルニ

photo by Kamil Porembiński

 

ヴロツワフの百周年記念ホール

1911年から1913年にかけて、ナポレオン軍とのライプツィヒの戦いから1世紀経ったことを記念して建築された巨大なコンクリートドームです。

敷地内には人工池とそれを囲む四円蓋展示館、百年記念会館の歴史がわかる博物館もあります。このドームは多目的娯楽用施設として様々なイベントにも用いられています。2006年に世界遺産に登録されました。

ヴロツワフの百周年記念ホール

photo by Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland

ヴロツワフの百周年記念ホール

photo by Ministry of Foreign Affairs of the Republic of Poland

 

ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群

三十年戦争が終わった17世紀半ば、ヤヴォルとシフィドニツァに2つの福音アウグスブルク派の教会が建てられました。戦争や宗教紛争が終わったことを象徴する建物として、今なお建ち続けています。

木造建築教会としてはヨーロッパ最大の教会で、バロック様式の内部はきらびやかな装飾が施されています。2001年に世界文化遺産に登録されました。

まとめ

いかがだったでしょうか。Heart of Europeといわれ、東西ヨーロッパの懸け橋になっているポーランドにぜひ行ってみてください。

ライター
前田 塁 TABIPPO / 創業メンバー

TABIPPO創業メンバーで、世界78ヶ国を旅しながら仕事をしてます。せっかく現代に生まれたのだから、世界にあるすべての国を訪れて、宇宙を旅行して、仕事でも成功する、そんなワークライフカオスな人生を目指しています。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング