ライター

世界一周しながら、"くらしをつくる" をテーマにWebメディアなど色々やってます。TABIPPOでは、マニアックな旅の情報発信をしていきます。僕のHPもぜひご覧ください。

企画作成の流れ

 photo by Pixabay

企画が大体まとまってきたら、次の流れは下記のようになります。

①説明文を決める。
②目標金額を決める。
③支援金額と、お返しを決める。
④お礼のメッセージを決める。
⑤画像を選ぶor作る。
⑥polcaへの入力作業。
⑦プロフィールの名前・写真を変える。
⑧SNSで拡散。

①~④については、polcaは改行が出来ないので、メモ帳などに入力すると便利です。

 

企画作成のコツ

①説明文を決める(400文字以内)

・polcaは、タイトルが説明文になっているので、説明文のはじめ20~30文字以内にタイトルを書く。これはSNSのリンクで表示される文字数なので、タイトルとして内容が分かるようにすると便利です。

・タイトルは、シェアしたくなるような、面白い、共感できる、キャッチーな言葉を選びましょう。

・文章は改行を入れて、読みやすくする。(polca内では、改行が入力できないので、メモ帳で文章を作る。)

 

②目標金額を決める(500〜30万円)

・これは企画の目的に合わせて算出しましょう。

・目標金額は10万円以下が相場です。高額を狙う場合は、polcaを2回やるのもありですね。

 

③支援金額(300円〜3万円)、お返し(50文字以内)を決める

・polcaは、お返し(リターン)が、一つしか決められません。

・お返しは企画に合わせたものを設定する。

・お返しの相場は、1口300~500円。お礼のメッセージや、写真を送るなど簡単なものが、多いです。

・具体的なお返しが可能な場合は、金額をそれに合わせて上げることが可能ですが、高くても1000円が相場ですね。

(お返しの案:お礼のメッセージ、旅先の写真、旅の報告、お土産、ブログで紹介、動画で紹介など)

 

④お礼のメッセージを決める(200文字以内)

・ここは、素直に感謝のメッセージを書きましょう!

・それと最後に「面白いと思ったらシェアをお願いします!」などの言葉を書くと、SNSでの拡散も狙えます!

 

⑤画像を選ぶor作る

・画像は企画の内容が分かるものや、イメージが伝わる近い画像などを添付しましょう!

・SNSでのシェアを考えると、画像に加工をして、タイトルやキャッチコピーをつけると、目立つのでさらによし!

 

⑥polcaへの入力作業

・①~④をコピーして貼り付けしていく。

 

⑦プロフィールの名前・写真を変更

・polcaの公開ができたら、polca名前も企画に合わせて、変えるといいですよ!

・写真は、人の写真にすると信用・安心感が上がるのでオススメです。

 

⑧SNSで拡散

・Twitterなど拡散するときは、忘れず「#polca」「@polca_jp」などをつけておくと、シェアやアクセスが増えるので、お忘れなく。

 

最後にポイントのおさらい

 photo by Pixabay

polcaは、気軽に少額のクラウドファンディングができるので、すごく便利ですが、少額ゆえに「自分で稼げよ!」って、ツッコミが入るのも事実。

そのため「企画の面白さ」「共感できる企画」「リターンを充実させる」など、どれかに当てハマることを重視して、企画を考えていくと良いでしょう!

また、本当に友達のみに依頼するのであれば、正直に「お金がないから助けて!」という、気持ちや思いぶつけてを書くのが、一番いいでしょうね。

以上、旅中に困った時に使えるpolcaの活用術の紹介でした!今回も、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

これからも、マニアックな旅情報を発信していくので、よろしくお願いいたします。

ライター

世界一周しながら、"くらしをつくる" をテーマにWebメディアなど色々やってます。TABIPPOでは、マニアックな旅の情報発信をしていきます。僕のHPもぜひご覧ください。

RELATED

関連記事

RANKING

人気記事ランキング